津原泰水氏の出版取りやめ問題で幻冬舎の見城徹社長が経緯を説明

   on 5月 17, 2019 

作家津原泰水氏が自身の公式Twitterで著書『ヒッキーヒッキーシェイク』の文庫版の版元が幻冬舎から早川書房へと移ったプロセスについて、同氏が百田尚樹氏のベストセラー、『日本国紀』を批判していたことから、
「『日本国紀』の販売のモチベーションを下げている者の著作に(幻冬舎)営業部は協力できない」
「我が社の営業部は『日本国紀』を批判する作家の本は売らない」
と言われたと明かした件について、幻冬舎の見城徹社長が経緯を説明した。

Category : 未分類

iiiii

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA