“就職氷河期世代限定”の職員募集 採用3人の枠に応募1635人(兵庫県宝塚市)

   on 11月 5, 2019 

兵庫県宝塚市で、バブル崩壊後に社会に出た「就職氷河期世代」に限定した職員を採用するための最終試験が行われている。宝塚市はことし8月、30代半ばから40代半ばの「就職氷河期世代」を支援しようとこの世代に限定して正規職員を3人程度募集したところ、全国から1635人が受験し、倍率が545倍に達した。
11月4日に実施された最終試験には筆記試験などを通過した20人が参加、採用者は、来年1月1日付で正規職員となる予定という。

カンテレ

カンテレ

このニュースにSNS上ではいい取り組みだが、「砂漠に一滴の水を垂らすようなもの」で東京五輪等に大金をつぎ込むよりも国が率先して対策すべきだとの声も。

Category : 労働

iiiii

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA