福島原発から20km圏内の海域で採取のクロソイ出荷自粛へ

   on 6月 5, 2019 

NNHの報道によると福島原発から20km圏内の海域で、東電が行っている調査で、5月28日に採取されたクロソイという魚から、福島県漁連が設けた自主基準を超える放射性物質が検出され、安全が確認できるまでの間、クロソイの出荷を自粛することになったという。おととしの出荷制限解除後、自主基準を上回るのは今回が初めて。

NHK,2019/6/4

NHK,2019/6/4

Category : 食品

iiiii

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA