[秋元康原案]「あなたの番です-反撃編-」田中圭、横浜流星、元乃木坂西野七瀬の演技が話題

   on 9月 9, 2019 

引っ越し先のマンションで起きた連続殺人の謎に挑む姿が描かれるミステリーで、秋元康氏が企画・原案を手がけ、田中圭、原田知世、元乃木坂西野七瀬が出演の連続ドラマの第2章「あなたの番です-反撃編-」(日本テレビ系)の最終回が9月8日放送されこれまでの番組で描かれた「交換殺人」を巡るミステリーの黒幕が描かれ、SNSでは「終わり方が謎に包まれてます」「もうやばかった」とさまざまな感想があがった。

最終回は、ホテルで横浜流星演じる二階堂に締め落とされた翔太(田中)が目を覚ます。翔太は拘束され、腕に点滴の針が刺さっていた。翔太の隣には、同じ状態の黒島(元乃木坂西野七瀬)がいた。つなげられた点滴は、塩化カリウム。
最終回では、黒島を演じた西野が自身の罪について笑顔で語るシーンがあり、SNSでは「サイコパス黒島」といった声が上がった。


ピアノ版「帰り道は遠回りしたくなる」
今回のドラマで話題の西野七瀬の乃木坂時代の最後のセンター曲。「帰り道は遠回りしたくなる」のピアノバージョン。
原曲はテンポよくさわやかな感じの曲になっていたが、このピアノ版はややシリアス曲調に。

Category : 芸能

iiiii

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA