TPP施行後は、外食産業の中国産野菜が環太平洋産に切り替わり安全度が上昇する?

Written by  on 10月 6, 2015 

TPP施行後は、現在外食産業で多く使用されている中国産野菜が環太平洋産の野菜に切り替わり外食中心の会社員にとって健康的になる?との説。↓

現在、日本にとって中国はアメリカに次ぐ食料依存先であるがスーパーの野菜売り場では中国産野菜を見かけるケースは少ない。その多くは外食産業で使われている。
いったいどこの店でどれだけ中国産食品が使われているのか、気になるところだが、法律では、外食産業に原産地表示の義務はない。
そのような中、週刊文春が大手の外食産業32社に対して、使用している中国産食品と安全管理体制に関するアンケート調査を実施、2013年4月25日号で報じている。
32
33
34
35

Category : 経済

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA