写真家三島タカユキ氏が11月29日、食道がんのため逝去。享年50歳。
2017年4月に食道がんであることが、わかり療養していた。

ご挨拶が遅くなり申し訳ありません。三島タカユキ/孝之のお通夜、告別式に来てくださった皆さま、ほんとにありがとうございました。お礼の言葉をいくら並べてもたりません。皆さんに見送られ最後のドライブはキャディラックで決めて彼は自由になりました。まだまだやることは山積みですが、今このひとときは彼とコーヒーを飲んでゆっくりしようとおもいます。 入院中は、早朝からLINEがきて、朝の挨拶とともにコーヒーが飲みたいなとよくリクエストがありました。 これからのこともたくさん話しました。お互いいろいろあるけど向き合っていこうよと言われてました。だから、これからも彼と向き合って、いや、一緒に歩んでいきます。 お通夜と告別式は、結婚式と同じ、二人の共同作業だと感じました。カッコ悪いことすんなよ、と頭に声が聞こえてました。 皆様のご協力のおかげてなんとか終えることができました。たくさんの愛を ほんとにありがとうございました。まだまだ多分呟いてしまうとおもいます…ネットには彼が溢れていて一緒にいるみたいです。 お許しください。 #PowertoMishima

おっちゃんです。さん(@chanotu)がシェアした投稿 –


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA