大相撲の元幕内力士 翔天狼(35=藤島部屋)が今夏からがんを患っていることが、分かった。
同郷のモンゴル出身横綱白鵬が明らかにした。

翔天狼は今年8月に日本国籍を取得し、現役引退後も協会に残ると見られていた。
モンゴル出身の力士では今年の1月に、元小結時天空の間垣親方が悪性リンパ腫のため37歳で亡くなったばかりで、ネットでは驚きの声が広がっている。

時天空さんの事もまだ傷が癒えぬうちにこのニュースが飛び込んできましたから、驚きました。

時天空の事があってからそう経ってないのに…。最近、辛いニュースが続く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA