三星ソウル病院で感染…医療関係者以外の一般人
韓国江原道で中東呼吸器症候群(マーズ)の感染者が発生した。
江原道マーズ緊急防疫対策本部は、第四次マーズ感染者(55·春川)の夫人A(51·女·春川)氏がマーズ陽性判定を受けたと4日、明らかにした。
Aさんは、去る2日高熱が発生し、1次検査をしたが、微結晶の判定が出て、2次検査をした結果、この日の陽性判定が出てきた。
対策本部の関係者は、「Aさんの夫が感染者だったうえ、症状出た時から周りの人の調査を実施した結果、接触者は多くないと思われる」とし「追加精査を行っている」と述べた。
ここ最近では、医療関係者の中でのみマーズの新たな感染者が伝えられていたが、今回、一般の感染者が再び出たことにより、江原道が緊張しているという。
(translate.google)
source:yonhapnews.co.kr(韓国語)

2015年7月3日現在の確定患者は184名。死亡者33。隔離者は2,067。
韓国保健福祉部の中央MERS対策本部が公表しているマーズの感染状況は以下の通り。
45

 

 

 

 

 

 

(ソース-韓国保健福祉部の中央MERS対策本部)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA