ロシア・ウラジオストクで開かれている国際会議「東方経済フォーラム」で9月12日、ロシアのプーチン大統領は安倍総理に対して、ことしの年末までに、前提条件をつけずに平和条約を締結することを提案した。

安倍総理はツイッターにて『日本とロシアの間には、戦後70年以上を経た今も、平和条約が締結されていません。この異常な「戦後」を、私とプーチン大統領の手で終わらせる。この共通の大きな目標に向かって、日露関係は新しい時代に入ろうとしています。』と述べた。

---

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA