6月7日ノボテル甲子園で前田日明ゼミ第3回目がゲストにジャーナリスト田原総一朗氏を迎え約120人の聴衆が参集し行われた。 この対談が『紙の爆弾 2015年8月号』(鹿砦社)に掲載された。 前田氏は冒頭、前回ゲストの孫崎享氏が「安倍首相は戦後最悪の売国奴」と看破したことに驚き、「様々調べたところ、アベノミクスの本質は実はとんでもないモノかと気がついた」のだという。

戦後レジームの正体を総括 田原総一朗×前田日明  maeda

安倍政権の「憲法破壊」と「売国」『紙の爆弾 2015年8月号』
安倍政権「憲法破壊」と「売国」 田原総一朗×前田日明 『紙の爆弾 2015年8月号』
---

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA