熊本県各市で若干放射線量上昇 地中のラドン放出か

Written by  on 4月 20, 2016 

熊本の放射線量

m.facebook.com|水野匡司

熊本大地震発生前後に、熊本県各市で若干の放射線量上昇がみられた模様。

原発は異常なし

九州電力によると、全国で唯一稼働している川内原発1、2号機(鹿児島県薩摩川内市)で異常は確認されておらず、震災以後も運転を続けている。

ラドン放出か
地震の際、地中のラドンが放出されたため、放射線量が高くなったようだ。

Category : 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA