上海を母港とするアジア最大のクルーズ船Quantum of the Seas(クァンタム・オブ・ザ・シーズ,全長348m,総トン数170000t)の大型豪華客船が7月1日、博多港へ寄港しました。更に7月2日、鳥取県境港市の境港に寄港しました。
上海~福岡~釜山のルートで行くツアーだったが韓国でのMERSの感染拡大を受け、ルート変更したとみられる。

[Quantum of the Seas first visit to the port of Hakata]

クァンタム・オブ・ザ・シーズに備えられたスカイダイビングを疑似体験できる「リップコード」という施設。

[RipCord – Skydiving Simulator on Quantum of the Seas]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA