オグリキャップを育てた瀬戸口勉元調教師が11月9日、急性白血病のため死去した。
通夜、葬儀は親族のみで営まれ、後日お別れ会が開かれる。
1973年に調教師免許を取得し、地方の笠松競馬から移籍したオグリキャップを手掛け、88、90年有馬記念を制覇。
-source:netkeiba.com


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA