安倍政権をおとしめるために、意図的に変な答弁をしているのではないか
3月19日に開催された参議院の予算委員会で、自民党の和田政宗議員が、財務省の太田充理財局長に対し、太田理財局長が民主党政権時代に野田総理の秘書官を務めたことを指摘し「安倍政権をおとしめるために、意図的に変な答弁をしているのではないか」と質問した。
この質問に対し、太田局長は「それはいくら何でも、それはいくら何でもご容赦ください」と繰り返し強く否定した。

---

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA