明治20年(1887年)創業 都内最古のおでん屋「呑喜」が閉店 現在のおでんスタイルを考案した老舗

Written by  on 2月 2, 2016 

明治20年(1887年)創業、130年にもなる老舗で大正デモクラシーの立役者吉野作造も通っていた都内最古のおでん屋「呑喜」が最近閉店したとのこと。大根、袋などの、現在定番のおでん種を考案した店。

Category : 食品

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA