静岡県が、富士山周辺地域で採取した野生キノコ7検体の放射性物質検査を実施した結果、御殿場市で採取されたキノコ“キノボリイグチ”から210ベクレル/kg、小山町で採取されたキノコ“シロヌメリイグチ”から130ベクレル/kgと基準値を超える放射性セシウムが検出されたと発表した。
当該地域内に生育している「野生きのこ」について、御殿場市長、小山町長及び関係事業者等に対し、「野生きのこ」の採取、摂取及び出荷を控えるよう改めて要請した。
-link
pref.shizuoka


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA