静岡県警菊川署、暴力団組長を逮捕 ネトゲ代行を辞めたいと言った少年に因縁

Written by  on 7月 9, 2015 

人気オンラインゲームの代行で金を稼がせた10代の少年から現金を脅し取ったとして、静岡県警菊川署は7月8日、恐喝の疑いで島田市宮川町、指定暴力団系組長の男(34)を逮捕した。
静岡新聞の報道によると逮捕容疑は、少年にゲームをさせ、入手困難なモンスターを収集するなどのゲーム代行で収益を上げていたとそうだが、やめたいと言った少年に「組のしのぎが減るじゃねえか」などと因縁をつけ、島田市内の駐車場で現金3万円を脅し取ったという。


今のところ、伝えているのは静岡新聞のみで容疑者の氏名は不詳。

Category : 警備

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA