[mers]「入国時には熱感知カメラがあった出国時は予想外に何の措置もなかった」

Written by  on 6月 25, 2015 

「初めて私たちの国が恥ずかしいと感じた。」
最近ビジネスで中国に行ってき茶ミンソク(39)氏は、中国の空港で厳しい入国措置を受けた。
航空機が着陸したのに搭乗者全員が降らず、マスク書いた防疫剤の点検を受けなければならいた。ずっと見回してのみ行っただけだが、その防疫剤の冷ややかな目つきを忘れることができなかったチャ氏は伝えた。
最近2週間の韓国休暇を終えて米国サンノゼに戻ってきたバクインヒャン(34)氏は、米国に出国時の発熱検査をしていない不思議だった。
パクさんは「入国時には熱感知カメラがあった出国時は予想外に何の措置もなかった」とし「特に両親がアメリカに戻って帰るのに問題がある心配が大きいれた」とし「旅行期間中、可能な限り人を会わずにマスクを着用通った」と述べた。
source:(google翻訳)http://media.daum.net/society/all/newsview?newsid=20150624133808474

Category : 韓国

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA