女優高橋メアリージュン(30)が、1月22日発売の著書『Difficult? Yes. Impossible? …NO. わたしの「不幸」がひとつ欠けたとして』(KKベストセラーズ)で、29歳の時に、子宮頸ガンに罹患していたことを告白した。

2016年。女優として活躍の場を広げていた高橋メアリージュンは突如下腹部への違和感を感じた。
2016年11月8日。願掛けも兼ねて、29歳の誕生日に検査結果を聞きに病院へ向かったところ、 医師から
「高橋さん、検査の結果、がんが見つかりました」
と告げられたという。
転移していれば「抗がん剤治療」もしくは「子宮摘出」を考えなければいけない状況で、
「抗がん剤は高いと聞く。子宮を残したい」 と思いが揺さぶられたという。

その後、子宮頸ガンを克服。
「人生一度きり。伝えたいことを伝えよう」 と思い本書を出版したという。

---

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA