内閣府によると日本では毎年新たに約1万人以上が白血病などの血液疾患を発症しており、そのうち骨髄バンクを介する移植を必要とする患者は毎年2千人程度だという。

---

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA