サイバーエージェント

スポーツ報知が9月28日、IT大手サイバーエージェントがサッカー・Jリーグ2部のJ2町田ゼルビア(東京・町田市)に対し、10億円以上を投資しクラブ保有株の過半数を取得し、2019年からチーム運営に関わる方針であると報じた。

この報道を受けてサイバーエージェントは公式HPの投資家向け情報で「現在、当該出資については検討しておりますが、開示すべき事実を決定した場合には、速やかに公表いたします」との声明を発表した。

相模原にキャンパスを構えていた青山学院大学に進学後、町田駅前の雀荘に通いつめていたというサイバーエージェントの藤田晋社長は2018年10月からスタートするプロ麻雀リーグ“Mリーグ”渋谷ABEMASの監督に就任することを発表したばかり。

---

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA