黒木奈々さん(32)が死去 NHKBS国際報道キャスター

Written by  on 9月 19, 2015 

フリーアナウンサーの黒木奈々さんが9月19日午前2時55分、死去した。32歳だった。胃がんで闘病中だった。
黒木さんは2014年4月から、NHKBS「国際報道2014」のキャスターを務めていたが、同7月に胃がんと診断され、8月いっぱいで降板して9月に手術を受けた。治療を続けながら、今年1月に仕事復帰。3月からNHK「国際報道2015」(月~金曜午後10時)で月曜日のキャスターを務めていたが、7月13日の放送を最後に休養していた。
via nikkansports.com

黒木アナは2015年3月に著書「未来のことは未来の私にまかせよう」で闘病生活をつづっていた。
NHK BS1「国際報道2014」のメインキャスターとして活躍していたさ中、友人との食事中に突然の胃痛に襲われ、救急車で運ばれ、胃せん孔との診断で入院。しかし、それは、たんなる胃潰瘍ではなく胃がんだった……。(「BOOK」データベースにより)
自らの病名を公表し、手記も綴ったのは、同年代の働く女性たちが、がんに襲われたとき、何か力になれるのではないかという信念からだったという。

[黒木奈々さん がん闘病で揺れ動く気持ちを綴った手記を刊行]

Category : メディア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA