現役引退後、大相撲で「八百長が行われている」と告発した元力士板井の板井圭介さんが8月14日、死去。享年62歳。
板井さんは元小結で平成3年に現役引退後、平成12年に、現役時代に行った自身の八百長や他の力士の八百長を告発し、話題となった。板井さんは、糖尿病で人工透析の治療を受けるていたということです。

---

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA