『アメリカ横断ウルトラクイズ』全16回出場の小室周也氏が死去

Written by  on 4月 17, 2016 

日本テレビ系の人気番組『アメリカ横断ウルトラクイズ』で唯一人の皆勤賞となる全16回出場の経験を持つ、小室周也氏が4月14日に死去。享年67歳。
2013年頃『軽い脳梗塞』と、『杖をついていた』と知人が確認している。最後に電話をしたのは2016年2月で、『滑舌はともかく、話の内容はまったく明快だった。』という
しかし、脳梗塞以上の重篤な病気も併発していたとのこと。
参照link:http://monokoto.jugem.jp/?eid=5321

Category : 社会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA