2015年にはHbA1c(ヘモグロビン・エーワンシー)が9.3

女優松居一代さんが7月4日深夜、夫の俳優船越英一郎さんについて、衝撃事実を告白した。

松居さんによると、船越さんは二型の糖尿病にかかっており2008年に糖尿病が発覚したが、健康食品のイメージキャラクターを務めていたたため、治療はしなかったといい、2015年にはHbA1c(ヘモグロビン・エーワンシー)が9.3にまで上昇したという。

松居一代さんの動画より

 

 

 

 

 

 

 

船越さんは松居さんの女友達でもあり、人妻でもある人物と関係

松居さんによると、船越さんは重度の糖尿病であるが、日本では許可の出ていないバイアグラ100ミリを飲んでいるという。松居さんはまた、船越さんがバイアグラを飲んで松居さんの女友達でもあり、人妻でもある人物と関係を持っているとも暴露してます。

文春とのトラブル
そもそものきっかけは文春とのトラブルが発端。動画の中で松居さんは、週刊文春はわたくし松居一代を騙しましたと涙ながらに訴えている。

松居さんの訴え
「5月24日に命懸けで手紙を書き死のうと思い夫に遺書を書いた」と動画で発言している。しかし船越さん執筆のノートを偶然、見つけたのだという。内容は明らかにされていないが、松居さんにとってはショックな内容だったと思われる。

文春との問題は2017年7月4日に
午後2時59分タクシーで文春へ。
この事件は命を懸けて書いた手紙から始まっている。この一年、苦しく死のうと思った。

週刊文春の編集者と6月2日に会うことになり、午後に出来上がった原稿は見せて貰えなかった。週刊文春側と「原稿見せて」「見せない」のやり取りがあり、最終的に7月6日発売の週刊文春に掲載予定の原稿は結局内容は知らされないまま、掲載となり松居さんは激怒。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA