千葉県柏市が平成27年7月より費用の一部を助成して実施している、甲状腺超音波検査を受けた子どもの結果が市より発表された。
発表によると、検査を受けた柏市の子供439人のうち「経過観察または専門病院紹介」となった子は25人とのこと。

判定 内容 今後の対応 人数

()はうち女性

A1 結節(しこり)やのう胞(液体が入っている袋のようなもの)

は認められませんでした。

経過観察不要 164(90)
A2 結節(5.0ミリメートル以下)またはのう胞(20.0ミリメートル以下)を認めましたが、

日常生活に支障はありません。

経過観察不要 250(128)
B 結節(5.1ミリメートル以上)またはのう胞(20.1ミリメートル以上)を認めたもの 経過観察 11(7)
C 甲状腺の状態などから判断して、二次検査が必要なもの 経過観察又は

専門病院紹介

14(10)
合計 439(235)

C判定については、結節やのう胞に限らず、腺腫様甲状腺腫、バセドウ病、橋本病等比較的よく見られる甲状腺の疾患が疑われる場合も含まれる。
http://www.city.kashiwa.lg.jp/soshiki/061500/p025145.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA