乃木坂46アンダーライブ全国ツアー2017 ~九州シリーズ~に参加中の乃木坂46中元日芽香が10月20日に宮崎市民文化ホール行われたライブにて、『病気で3年半通院しました。もう無理だなと思ったから卒業を決めました。』と話し、今年8月に発表したグループからの卒業と芸能界引退について、何らかの病気が原因であることを明かした。
通院中も『私にとっては健康よりも乃木坂のほうが大事』との意思で頑張ってきたという。

中元日芽香は人気の割りに選抜回数が少ないとされているメンバー。BABYMETALのSU-METALこと中元すず香の姉としても知られている。

中元日芽香、堀未央奈がWセンターを務めた13thアンダー曲「嫉妬の権利」

ライブで白石麻衣が歌った「嫉妬の権利」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA