北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が8月15日、米国を標的とした北朝鮮のミサイル発射を命じる前に、米国の行動を「もう少し」見守る用意があるが「愚かなヤンキー」からのさらなる挑発があった場合、グアム周辺の海を狙ったミサイル発射を依然として命ずることができると警告した。

---

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA