米ゴールドマン・サックスのロイド・ブランクファイン会長兼CEOがリンパ腫

Written by  on 9月 23, 2015 


米ゴールドマン・サックスのロイド・ブランクファイン会長兼CEO(61)は9月22日、先週受けた検査でリンパ腫が見つかった患ったと公表した。リンパ腫は治癒可能なもので、治療計画は、今後数ヶ月にわたって受ける化学療法だという。この間、業務の一部を減らするものの通常通り仕事をこなすとしている。発表を受けゴールドマン・サックスの株式は、前日比1.7%下落した。

A MESSAGE FROM LLOYD BLANKFEIN(goldmansachs.com)
Late this summer after several weeks of not feeling well, I underwent a series of tests, which culminated in a biopsy last week. After the biopsy, I was told by my doctors that I have lymphoma. Fortunately, my form of lymphoma is highly curable and my doctors’ and my own expectation is that I will be cured
My treatment plan will include chemotherapy over the next several months in New York. My doctors have advised me that during the treatment, I will be able to work substantially as normal, leading the firm.

米金融界ではJPモルガン・チェースのジェームズ・ダイモンCEO(59)も、昨年夏に咽喉ガンを公表している。

Category : 海外

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA