生活保護受給者は今年の10月から原則ジェネリック医薬品(後発医薬品)に

 on 10月 16, 2018 

生活保護受給者は今年の10月1日から、から原則ジェネリック医薬品(後発医薬品)しか使用できなくなったという。

京都市の資料によると、一般名処方や、後発医薬品への変更を可とする銘柄名処方を行った場合には、薬局において、原則として後発医薬品 として後発医薬品しか調剤できなくなったそうで、薬局において先発医薬品 において先発医薬品を調剤する必要性があると考えられた場合は、やむを得ない場合を除き、処方医に疑義照会を行い、その判断を確認した上でなければ調剤できなくなったとのこと。
(PDF)city.kyoto.lg.jp/hokenfukushi/cmsfiles

Category : 食品

Tags :

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA