2月11日午前、兵庫県西宮市の路上で、駐車中の乗用車から煙が出ているのを通行人男性が見つけ、110番した。西宮署の調べでは、運転席で男性が死亡していた。免許証などから、兵庫7区(西宮、芦屋市)選出の山田賢司衆議院議員の元秘書の男性(49)と見られるという。

西宮署の調べでは、後部座席にしちりんが置かれ、運転席で男性が死亡していた。外傷はなく、練炭自殺を図った可能性が高いという。遺体の損傷が激しく、同署は解剖を行い、人定の特定を急ぐ。
神戸新聞NEXT,2016/2/12

地元の神戸新聞は、外傷はなく、遺体の損傷が激しいというやや矛盾した記述で報道。

神戸新聞は現時点で氏名は伏せ、“元秘書の男性(49)”と伝えているが、「給料をピンハネされ続けた」として、実名で山田議員を告発していた野田哲範氏とみられる。野田氏は1966年10月27日生まれの49歳で、西宮市在住。

実名告白 元公設第一秘書が刑事告訴「私は自民党代議士に給料をピンハネされ続けた」  逮捕の可能性も 
証拠はメールに残っている
足元がグラついてきた自民党に、今度は「カネ」のスキャンダルだ。疑惑の主は、兵庫7区選出の山田賢司衆院議員(当選2回)。
昨年の9月まで山田氏の公設第一秘書を務めていた野田哲範氏が、実名で告白する。
http://wgen.kodansha.ne.jp/archives/24539/

ファイナンシャルプランナー「のだてつのりFP事務所」です。
http://ameblo.jp/fp-noda/entrylist.html

野田氏は2月6日頃から山田議員が文書滞在交通費を私的流用していたのではないか?などという様々な疑惑を書き連ねる記事を連続でアップロードしていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA