ドナルド・トランプ米大統領が米国と北朝鮮が対話をし得ると話した。
トランプ大統領は3日、ワシントンで中堅ジャーナリストとの夕食会に参加して「北朝鮮が数日前に電話してきて『対話したい』と言った」と話したと「ポリティコ」が報道した。

「おそらく肯定的なことが起きるだろう。それが事実になることを望む。心から望む」
「私たち(米国と北朝鮮)は会うだろうし、肯定的なことが起きるか見ることになるだろう」

と話したという。
-source:hankyoreh

---

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA