海運中堅の第一中央汽船(東証1部上場)が経営破綻 民事再生法申請へ

Written by  on 9月 29, 2015 

29日にも東京地裁に申し立てる見通し。石炭や鉄鉱石を運ぶ事業を主力としているが、運賃低迷で経営状態が悪化。中国景気の減速を受けて自力再建を断念した。法的枠組みのもとで経営再建をめざす。負債総額は簿外も含めると2000億円を超える可能性がある。
日本経済新聞,2015年9月29日

9月中旬位から過去10年来の最安値を更新(第一中央汽船の株価チャート)し、その後も連日安値更新していた東証1部上場の第一中央汽船(株)[9132]が民事再生法申請することで調整に入ったと29日付日経新聞が報じた。第一中央汽船についてはZAITENが9月1日発売の10月号で経営危機を伝えていた。

Category : 経済

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA