芸能

TENNさん(享年35)さんの遺族が上原多香子へ宛てて書いた遺書を公開

Written by  on 8月 12, 2017

ヒップホップグループET-KINGのメンバーで、2014年9月25日に自ら命を絶っTENNさん(享年35)さんの遺族が、妻上原多香子へ宛てて書いた遺書をTENNさんの遺族が公開、女性セブン8月24・31日号で公開された。

遺書には、上原と俳優阿部力が不倫関係にあったことが記されていた。

(TENNさんが残した遺書)
多香子へ/ありがとう そして さようなら/子供が出来ない体でごめんね/本当に本当にごめんなさい。/幸せだった分だけ、未来が怖いから 何も無さそうだから/許してください。/僕の分まで幸せになってください。/きっと阿部力となら乗りこえられると思います。/次は裏切ったらあかんよ。お酒は少しひかえないとあかんよ。/嘘はついたらあかんよ。/多分、僕の事を恨むでしょう? でもいつかは許してくださいね/最後はいろいろと重荷になるけど…ごめんなさい。/これが、未来を考えた時の僕のベストです。ワガママを許してください。/いつか忘れる日が来るよ。きっと大丈夫 今から大変だろうけど/がんばって トントンとお幸せに/車は開けないで 警察を呼んでください。

LINEでのふたりのやりとりも公開
2014年10月22日、最初の月命日を前にして、上原と両親はTENNさんの遺骨を分骨。その際、上原は、TENNさんの母にTENNさんのスマホを渡した。母が見たスマホには、肩を組み熱いキスを交わす上原と阿部の写真などがおさめられていた。弟によると、上原のスマホを見てしまったTENNさんが、その画面を撮影したものと思われるという。

何故死後3年経ってから公開?
「両親もぼくも、自殺はあかんもんやと思っていましたし、みんなに迷惑かけて、みんなが傷ついて悲しい思いをしてる上に、自殺の真相なんて話す気にはなられへんかった。母は多香子さんに、“籍を抜いていいよ”とことあるごとに言っていました。」(弟)
昨年の三回忌法要の直前にも、TENNさんの母は上原に“森脇の名”を捨てるようすすめたという。すると上原から、1通の手紙が届いた。そこには次のように綴られていたという。

私、森脇のままでいさせてください。お仕事を再開して「上原多香子」として呼ばれ過ごす時間が長くなり、ふとした時、自分に戻った時、仕事場でも「森脇」と答えた瞬間に、あぁ~私は森脇多香子なんだなぁと思いました

演出家と熱愛 フライデー掲載で潮目変わる
潮目が大きく変わったのは、今年5月、上原と演出家のコウカズヤ氏の熱愛がフライデーに掲載されたこと。

「記事が出る2日前に、多香子さんがこっちに来たんです。こういう記事が出ます。おつきあいしている人がいるんです、って。それで急に籍を抜きたいって言ったんです。半年ちょっと前に森脇のままでいたいって手紙を寄越したのはなんやったんやろうなって。その後、実際に森脇から上原に戻したと聞きました。今では、なかなか連絡も取れんようになってます」(弟)

「多香子さんのこういうニュースが出るたびに、天国の兄は毎回ひどい言われようをしてしまうんやとしたら、どうにもいたたまれなくって。父や母の憔悴ぶりを見ると悔しくて…」(弟)

「これ以上、家族だけでは抱えきれない」ことから、遺書公開に踏み切ったという。

でんぱ組.inc最上もが 脱退を発表

Written by  on 8月 7, 2017

アイドルグループでんぱ組.incの中心メンバー最上もがが8月6日、でんぱ組.incから脱退すると発表した。


理由については、公式ブログで
『いままでも何度か決まっていた現場を体調不良の為お休みしてしまったことで、哀しい気持ちにさせていたと思います。本当にごめんなさい。』
『今後もそういう可能性がゼロとは言えず、自分だけでコントロールすることができないと思い、これ以上迷惑をかけたくないという気持ちで脱退することを決めました。』
と説明、発表の数日前のツイートでも体調不良を訴えていた。

乃木坂46中元日芽香が『らじらー!』で卒業を発表

Written by  on 8月 7, 2017

秋元康氏が総合プロデューサーを務めるアイドルグループ乃木坂46のメンバー(一期生)中元日芽香が8月6日放送のラジオ番組『らじらー!』(NHK/毎週日曜よる9時5分~)にてグループからの卒業を発表した。
乃木坂46の公式サイトも「乃木坂46のメンバーとして活動しております中元日芽香ですが、乃木坂46を卒業することとなりました。」と発表した。
卒業の時期は、現在調整中とのこと。
同番組で共演するオエイエンタルラジオの藤森は「かけがえのない仲間だから、全力で応援したい」、中田は「2人になるふとした瞬間に、感じてはいた。止めたいけど、止められる雰囲気ではなかったから見守るしかないと思った」とコメントした。

松居一代さんが夫船越英一郎さんについての衝撃事実を告白

Written by  on 7月 5, 2017

2015年にはHbA1c(ヘモグロビン・エーワンシー)が9.3

女優松居一代さんが7月4日深夜、夫の俳優船越英一郎さんについて、衝撃事実を告白した。

松居さんによると、船越さんは二型の糖尿病にかかっており2008年に糖尿病が発覚したが、健康食品のイメージキャラクターを務めていたたため、治療はしなかったといい、2015年にはHbA1c(ヘモグロビン・エーワンシー)が9.3にまで上昇したという。

 

 

 

 

 

 

 

船越さんは松居さんの女友達でもあり、人妻でもある人物と関係

松居さんによると、船越さんは重度の糖尿病であるが、日本では許可の出ていないバイアグラ100ミリを飲んでいるという。松居さんはまた、船越さんがバイアグラを飲んで松居さんの女友達でもあり、人妻でもある人物と関係を持っているとも暴露してます。

文春とのトラブル
そもそものきっかけは文春とのトラブルが発端。動画の中で松居さんは、週刊文春はわたくし松居一代を騙しましたと涙ながらに訴えている。

松居さんの訴え
「5月24日に命懸けで手紙を書き死のうと思い夫に遺書を書いた」と動画で発言している。しかし船越さん執筆のノートを偶然、見つけたのだという。内容は明らかにされていないが、松居さんにとってはショックな内容だったと思われる。

文春との問題は2017年7月4日に
午後2時59分タクシーで文春へ。
この事件は命を懸けて書いた手紙から始まっている。この一年、苦しく死のうと思った。

週刊文春の編集者と6月2日に会うことになり、午後に出来上がった原稿は見せて貰えなかった。週刊文春側と「原稿見せて」「見せない」のやり取りがあり、最終的に7月6日発売の週刊文春に掲載予定の原稿は結局内容は知らされないまま、掲載となり松居さんは激怒。

アイリが主演舞台降板を発表 元若嶋津,高田みづえ夫妻の長女

Written by  on 4月 28, 2016

二所ノ関親方(59=元大関・若嶋津)と高田みづえさん(55=元歌手)夫妻の長女で女優、モデルのアイリ(27)が4月24日、体調不良のため、主演舞台である劇団ズッキュン娘第9回公演「シャバダバダ!」(29日~5月2日、東京・吉祥寺シアター)を降板すると発表。
アイリはブログで「悲しく悔しい想いでいっぱいですが、今はまた元気な姿で舞台に立てるよう療養に努めております。」と心境をつづっている。
アイリ  オフィシャルブログ「LOVE is all」

タレント ローラが熊本・東本町等で炊き出しに参加  

Written by  on 4月 27, 2016

タレント、ローラが27日、熊本市東区東本町にある団地周辺や熊本県益城町の益城中学校近くで、熊本で炊き出しに参加していたとの目撃情報が多数寄せられている。

前田健さん 今年1月に炭水化物抜きダイエットにチャレンジしていた

Written by  on 4月 27, 2016

4月24日に東京都新宿区内の路上で倒れ、虚血性心不全のため26日未明に搬送先の病院で亡くなったお笑いタレントの前田健さん(44)。
今年の1月には、炭水化物抜きダイエットにチャレンジしていたとのこと。

松浦亜弥のモノマネなどで知られる前田健さん(44)が死去

Written by  on 4月 26, 2016

4月26日放送の『あさチャン!』が松浦亜弥のモノマネなどで知られるモノマネ芸人のマエケンこと前田健さん(44)の死去を報じた。
『あさチャン!』はTBS系列で生放送されている朝の情報・報道番組)。

前田健さんは4月24日、東京新宿の路上で倒れ、病院に搬送されていた。

 

 

 

-前田さんが4月24日に投稿したツイート-

大槻ケンヂが声帯ポリープ手術後に無言イベント開催 

Written by  on 4月 26, 2016

2016年4月末に声帯ポリープの除去手術を受ける予定の大槻ケンヂ(筋肉少女帯ボーカル)が2016年5月29日に東京都新宿区のロフトプラスワンにて無言イベント『大槻ケンヂ無言ファンの集い!』を開催すると発表した。
手術直後のため、声が出せないことから、筆談、ジェスチャー、楽器演奏、秘蔵映像等、声以外の手段でパフォーマンスを図るらしい。

5/29(日)新宿ロフトプラスワン

「大槻ケンヂ無言ファンの集い!」
~声帯ポリープ手術後のため、声の出せないオーケンが無言でのイベント決行!!
筆談、ジェスチャー、楽器演奏、秘蔵映像そしてテレパシー実験!
目力と念で限定130人(予定)のファンのお見舞いに応えます!

ゲスト有り
OPEN 18:00/ START 18:30
チケット代¥3.700(税込/飲食代別)
5/1(日)チケット発売開始
ローソンチケットにて(Lコード:33073)

お問い合わせ:ロフトプラスワン 03-3205-6864
http://www.okenkikaku.jp/contents/42172

globe、EDOのマーク・パンサーが福島応援曲をリリース

Written by  on 4月 26, 2016

音楽ユニットglobe、EDOメンバーのマーク・パンサーが、2016年3月にEDOの第2弾シングルとして、福島県の会津地域に伝わる民謡「会津磐梯山」をダンスミュージックとしてアレンジして、世界111ヶ国でリリースした。
マークは東日本大震災以降、福島県いわき市で福島産食材を使った料理店を営むという福島支援を実践していた。