災害

熊本県が“熊本は「安全地帯」、東日本は「危険地帯」”とアピール 批判受け記事削除

Written by  on 4月 26, 2016

熊本県企業立地課 が運営する 企業立地ガイドKUMAMOTOが、熊本の魅力として、東日本は危険地帯だが、熊本はM7以上の地震が過去120年間発生しておらず安全地帯だとアピールしていたことが発覚し、炎上している。批判を受け、現在は該当ページは削除されている。

気象庁の「各地の震度に関する情報」 熊本周辺地域の地震情報について、震度3以上に限り従来どおり発表

Written by  on 4月 24, 2016

 

 

 

気象庁は「震源・震度に関する情報」及び「各地の震度に関する情報」の熊本周辺地域の地震情報について、震度3以上の場合は従来どおり発表するものの、震度2以下の場合は「地震回数に関する情報」でまとめて発表するよう変更したと発表した。
これについて、SNS等では『アプリなどでは、22日から熊本地震は収まったかのように思ってしまう。気象庁は現地の人に対して非常に危険な行為をやってる。』等、疑問の声が発生しています。


震度1以上の地震はこれまでに720回を超えている。

今日(2016/04/24) 全国広範囲に黄砂が飛来

Written by  on 4月 24, 2016

kosa

気象庁黄砂情報によると今日(2016/04/24)、北海道中部,東部、東北、関東北部、北陸、関西、中国等全国の広い範囲で黄砂が飛来する。洗濯物を外に干す際に注意が必要。

大分県 九重山(くじゅうさん)から噴煙

Written by  on 4月 24, 2016

今日午前過ぎ頃から、大分県玖珠郡九重町南部から竹田市北部にかけて東西15kmにわたって分布する20以上の火山の集合群である九重山(くじゅうさん)から噴煙が発生しているとう情報がSNS上で流れ不安が広がっている。大分で続いている地鳴りは九重山が原因?
気象庁の火山活動史によると九重山は過去1万年の間、かなり頻繁に噴火が発生していることが地質学的な研究によってわかっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大分県 九重では数日前から波形の乱れが確認されている。

大分で地鳴りや揺れが続くがあまり報道されず

Written by  on 4月 20, 2016

大分県在住者がSNSで地鳴りや揺れが続いているが、熊本に比べ報道されていないと訴えている。今回の震災後、大分県別府市では震度6で始まり、ずっと地震や地鳴りが続いているものの、地震速報や避難所などの情報は少なく困っているという。

大分も報道して


+関連記事
気象庁の「各地の震度に関する情報」 熊本周辺地域の地震情報について、震度3以上に限り従来どおり発表

阿蘇山で小規模噴火、地鳴り情報も 『阿蘇4噴火級が起こると、九州6県と山口県の人口1100万人が数時間で死亡』(早川教授)

Written by  on 4月 20, 2016

bb
阿蘇山で、小規模な噴火が起きている。専門家は今後の動きへの注意を呼びかける。
「マグマはたくさんの火山性ガスを含む。近くで大きな地震があると、マグマだまりが揺さぶられ、ビールが入った瓶を振った時のように噴き出す可能性がある」 (松島健九州大学准教授)

 

 
市民から、地鳴りがするという情報が寄せられている。


群馬大学の早川由紀夫教授(火山学)によると、阿蘇カルデラは、8万7000年前に起こった阿蘇4という噴火で一昼夜のうちにでき、このときの火砕流は鹿児島県を除く九州全県と山口県に達し、火砕流の到達範囲内にいた旧石器人は、数時間以内に全員焼け死んだ可能性が高いという。
『いま阿蘇4噴火と同じ噴火が起こると、鹿児島県を除く九州全県と山口県の人口1100万人が数時間で死亡する。地域住民全員が等しく犠牲になるカルデラ破局噴火災害は、地域住民の数パーセント以下だけが死亡する地震災害とまったく異なるのだ。』(早川由紀夫,iRONNA)

熊本地震情報掲示板

Written by  on 4月 19, 2016

今回の地震の被災地のみなさんが状況を書き込みましょう。
熊本地震情報掲示板(http://kumamoto-jishin.info)
(地震情報,上下水道局,熊本市避難所情報,配給・炊き出し情報)

熊本市民病院、宇土市役所が倒壊の恐れ

Written by  on 4月 16, 2016

震度6を観測した熊本市東区にある病床数500床の熊本市民病院の建物が倒壊するおそれがあり、熊本市は、入院患者を屋外に避難させることを検討しているということです。熊本市民病院は1979年完成の南館、1984年に増築の北館、2001年に建てられた新館の3棟からなる。


また、宇土市の庁舎が倒壊するおそれが非常に高いとのことで職員も含めて全員が避難しているという。庁舎は1965年5月の竣工で50年以上経過し、老朽化が激しく、耐震性にも大きな問題を抱えていた。

グーグル ネット上で安否を登録したり確認したりできる「パーソンファインダー」を開設

Written by  on 4月 15, 2016

グーグルが安否確認サイト開設
熊本の地震を受けて、グーグルはインターネット上で安否を登録したり確認したりできる「パーソンファインダー」を開設した。
パーソンファインダーurl:https://www.google.org/personfinder/japan

熊本県で最大震度7の地震 熊本城の石垣崩壊

Written by  on 4月 14, 2016


原子力規制庁の発表によると震度4を観測した鹿児島県薩摩川内市にある川内原子力発電所は現在、1号機と2号機が運転中で、地震による異常はなく、平常通り運転を続けており、周辺のモニタリングポストの値にも異常はないということです。