未分類

このサイトは移転しました

Written by  on 5月 10, 2016

アクセスいただきありがとうございます。
当サイトでは、諸般の事情によりページのURLが以下のアドレスに変更となりました。
http://nitewatch.biz/news/

5月14~3日間 舞台照明家小川幾雄氏の回顧展

Written by  on 4月 21, 2016

3月7日に66歳で亡くなった舞台照明家小川幾雄氏の回顧展が5月14日から3日間の日程で開催される。
小川さんは2000年「小川照明デザイン事務所」設立。1994年及び1999年に日本照明家協会優秀賞を受賞、2006年には読売演劇大賞優秀スタッフ賞を受賞している。

 

日本補体学会理事、福島県立医科大学免疫学講座准教授 高橋実氏(48)が逝去

Written by  on 4月 21, 2016

日本補体学会理事で、福島県立医科大学免疫学講座で准教授を務める高橋実氏(48)が、4月8日逝去。高橋実氏は、

レクチン経路に関わるMasp1/3ノックアウトマウスを作製され、これらのタンパク質が、pro-Factor Dを切断して活性型のFactor Dにする活性をもつ事から、レクチン経路のみならず、第2経路にも関与する事を明らかにされました。この成果は、第45回補体シンポジウム最優秀賞 (2008年)として表彰されました。生前の補体研究における高橋先生のご活躍とご貢献を偲び、ここに謹んでお悔やみ申し上げますとともに、心より高橋先生のご冥福をお祈りいたします。
一般社団法人 日本補体学会 | The Japanese Association for Complement Research

熊本県各市で若干放射線量上昇 地中のラドン放出か

Written by  on 4月 20, 2016

熊本大地震発生前後に、熊本県各市で若干の放射線量上昇がみられた模様。

原発は異常なし

九州電力によると、全国で唯一稼働している川内原発1、2号機(鹿児島県薩摩川内市)で異常は確認されておらず、震災以後も運転を続けている。

ラドン放出か
地震の際、地中のラドンが放出されたため、放射線量が高くなったようだ。

サッカー イラン代表メフルダド・オラディ選手(31)が急死

Written by  on 4月 20, 2016

中東イランのメディアがイランサッカーリーグのエステグラル・テヘランやペルセポリスのストライカーやイラン代表チームのメンバーなどで活躍したメフルダド・オラディ選手(31)が急死したと報じた。イラン・ショハダ市内の病院に運び込まれた際は既に心肺停止状態だった。source:http://www.presstv.ir/

[災害自の役に]オイル入りツナ缶とティッシュで簡易ローソク

Written by  on 4月 17, 2016

ノンオイルじゃないツナ缶とティッシュのこよりで2時間程使える簡易ローソクが作成できる。災害自の役に立つであろう。

水戸芸術館現代美術センター浅井俊裕芸術監督(54歳)が死去

Written by  on 4月 16, 2016


ASAI Toshihiro:群馬県生まれ。関西学院大学大学院美学科修了。著書に『拡散する美術』(求龍堂)。
ASAI Toshihiroのページ:http://www5d.biglobe.ne.jp/~asai

2014年4月のブログ記事で職員の体調不良や病気が続いていることを訴えていた。

2014/04/21
このところ職員の体調不良や病気が続くのは、この寒さのせいかアレのせいじゃないかな?
http://asai310.at.webry.info/201404/article_3.html

山田忠之前熊谷市議会議員が胸部大動脈解離のため死去

Written by  on 4月 14, 2016

平成28年4月13日午前、山田忠之前熊谷市議会議員が胸部大動脈解離のため死去。享年52歳。

facebook:yamadakumagaya
通夜及び告別式は仏式にて下記の通り執り行います。

一、通 夜  4月16日(土)18時
一、告別式  4月17日(日)13時
一、場 所  セレモニーホールゆうえん
熊谷市円光1-17-13

亡くなる2日前まで、弁当を自分で作ったと報告するなど元気な様子であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[埼玉県議会議員候補(北5区・熊谷市)山田忠之 出陣式 来賓挨拶]

森まさこ大臣による双葉郡富岡町と名古屋の線量報告。

Written by  on 4月 14, 2016

森まさこ少子化・消費者担当大臣による双葉郡富岡町と名古屋の線量報告。

浸水域で脳卒中患者が約4倍に増加 茨城・常総

Written by  on 4月 14, 2016

2015年9月の関東・東北豪雨で、鬼怒川の堤防が決壊し浸水被害を受けた茨城県常総市の地域で、被災後の1カ月間に脳卒中で入院した患者数が前年のほぼ同時期と比べ約4倍に増えていたとの調査結果を、筑波メディカルセンター病院などのチームがまとめた。
チームが調べたところ、決壊した翌日の昨年9月11日からの4週間で、脳卒中で入院した患者が11人いた。前年の9月はこの地域から3人しか出ておらず、脳卒中患者が約4倍に増えたことになる。どの脳卒中患者にも水害に伴う外傷はなかった。
「被災直後の精神的ストレスが脳卒中を引き起こす危険要因になり得ることが裏付けられた。災害に遭遇したショックのほか、後片付けなどの心労の影響も推測されるため、被災直後は特に被災者への手厚いケアが必要だ」(調査した渡辺憲幸医師)
東日本大震災直後の宮城県でも、脳卒中の救急搬送が増えたとの報告もある。
headlines.yahoo:Yahoo!ニュース(毎日新聞)