文学

作家森村誠一氏が2015年6月17日付の朝日新聞の投書欄で、安全保障関連法案を推進する政権について、 『現在、国の存立と国民の権利にかかわる明白な危険とは何か。それは一番偉い最高責任者』であると、安倍晋三首相を痛烈に批判 …

Continue reading 『最高責任者(安倍晋三首相)こそが明白な危険』(森村誠一)

ミステリ作家藤岡真氏が安倍晋三首相に対し、『多くの国民が安倍晋三に対して抱いている感情は「嫌悪」ではなく「殺意」』『アメリカに押し付けられた、本当にみっともない総理大臣』『度し難い馬鹿だよ』『安倍晋三はほんまもんの阿呆や …

Continue reading ミステリ作家藤岡真氏『多くの国民が安倍晋三に対して抱いている感情は「嫌悪」ではなく「殺意」』と暴言

安全保障関連法案に反対する学者の会、呼びかけ人でシールズ関西の街頭宣伝で「われわれは、シールズに敬意をもっています」などと応援スピーチもしている内田 樹(うちだ たつる)神戸女学院名誉教授が7月29日、安倍首相について、 …

Continue reading 内田樹『戦争を始め支持率をV字回復させ、緊急事態を宣言して、独裁体制を確立する』のが安倍首相の夢だ 『彼は「悪いこと」がしたいのである。』