文学

台湾文学の翻訳家で日本語で台湾の本を紹介するサイト「もっと台湾」などを運営していた天野健太郎氏が11月12日に膵臓ガンのため死去。享年47歳。 京都府立大学文学部文学科国中文専攻卒。訳書に『台湾海峡一九四九』『歩道橋の魔 …

Continue reading 台湾文学の翻訳家天野健太郎氏(47)が膵臓ガンのため死去

近藤勲公さん(こんどう・のりひろ=小説家=57歳)が3月16日死去。2008年度の九州芸術祭文学賞で「黒い顔」が最優秀作に選ばれ、その後「銀杏神社」「夏の底」などの作品を雑誌「文学界」で発表した。2014年5月からは毎日 …

Continue reading [訃報]小説家近藤勲公さん(57) 「銀杏神社」「夏の底」「黒い顔」

人気ブログ『余命三年時事日記』の内容をまとめた、単行本『余命三年時事日記』(青林堂)が12月17日、発売を開始した。 しかし、現時点でamazon以外では買えず、ほとんどの大手の本屋の店頭にこの本がないようである。 余命 …

Continue reading 余命三年時事日記 発売開始するも 多くの書店で『店頭にない』状況

晶文社編集部斉藤典貴氏のツイートより。 イラストレーター・フジモトマサルくんの訃報が…。しばらく闘病していたことは知っていたけど、残念でならない。デビュー当時、一緒した仕事のことをいろいろと思い出す。御冥福をお祈りします …

Continue reading イラストレーター フジモトマサル氏が亡くなる 村上春樹氏の期間限定サイト「村上さんのところ」の絵を手掛ける