文化

デヴィッド・ボウイのラストアルバム「★」のグラフィック素材 非営利に限り無償使用が可能に

 
 on 1月 30, 2016

2016年1月10日に死去した英歌手デヴィッド・ボウイのラストアルバムとなった「★」のグラフィックデザインを手掛けたジョナサン・バーンブルック氏が、アルバムのグラフィック素材を公開、非営利に限り無償での使用が可能となっています。


-link
davidbowie.com

漫画家の速水翼さんが2015年8月に脳幹出血のため亡くなっていた

 
 on 1月 20, 2016

漫画家の速水翼さんが2015年8月19日に脳幹出血のため亡くなっていたとのこと。
速水さんは1978年、19歳の時にランデヴーコミック第1号で「エースとシャンティ」でデビュー、『霊媒師多比野福助』、『JIPANGシリーズ』などの作品で知られた。
source:archive.is/lPjTXwiki/速水翼sponichi.co.jp

速水翼を応援してくださる皆様へ

いつも速水翼を応援して頂き、誠にありがとうございます。

2015年8月19日夕方頃、脳幹出血のため速水翼は永眠致しました。
なお、遺族の意向により現時点では葬儀等を執り行う予定はございません。

今まで速水翼を応援してくださった全ての皆様に厚く御礼申し上げます。
http://hayami49.blog26.fc2.com/

トヨタ紡織陸上部糟谷悟選手「悪性リンパ腫」から復活 元旦のニューイヤー駅伝出場へ

 
 on 12月 30, 2015

ka

 

 

 

 

 

 

 

 

2013年6月に、「悪性リンパ腫」が発覚、手術、抗がん剤治療、その後リハビリ生活をしていたトヨタ紡織陸上部の糟谷悟(かすや さとる)選手(32歳)が元旦のニューイヤー駅伝で復活する。2016年1月1日あさ8時30分からニューイヤー駅伝を生中継するTBSテレビのインタビューに答えた糟谷選手は『元気になったので、ただいまって言える結果を残したい。』と意気込みを語っている。

「犬神姫にくちづけ」の漫画家宮田紘次氏 10月22日に34歳で死去

 
 on 12月 25, 2015

「犬神姫にくちづけ」「ヨメがコレなもんで。」などの作品で知られる漫画家の宮田紘次さん(34歳)が10月22日に死去。死因は高血圧性脳出血。

宮田 紘次(みやた こうじ)
2006年、第8回エンターブレインえんため大賞に「蛇腹」で佳作入賞。コミックビームFellows!(エンターブレイン)Vol.1の「猫でタンデム」でデビュー。代表作に「真昼に深夜子」「ききみみ図鑑」など。身長196cm、足のサイズは32cmの巨漢

漫画家藤井昌浩さんが死去

 
 on 12月 22, 2015

広島出身の漫画家藤井昌浩さんに死去の報。
藤井さんは主としてゲーム4コマのマンガ家として活動していた。

とんでもない不良とも無理やり仲良くすることを強いられる公立学校なんて行くものじゃない

 
 on 12月 20, 2015

公立学校なんて行くものじゃない。
2009-03-02
中学時代はストレスまみれの生活で大変だった。
毎日通うのが苦痛だった。
私の生まれた田舎は私立中学なんてなく、皆が何の疑問も持たずに近所の公立中学校に通うようなところだった。
公立学校の崩壊が叫ばれているが、私の母校も例外ではなくやっぱり荒れていた。
ガラスは割れ、生徒間でのいじめ、先生もいじめ、暴力、万引き、妊娠、煙草。
荒れに荒れていた。
先生たちはこの処理に追われて疲れてイラつき、余裕が無くなっていた。
当然学校中の雰囲気は悪く、おとなしい子、真面目な子は怯えて縮こまり、小さくなっていた。
私は幸いにもいじめには遭わなかったが不良が怖くていつもびくびくしていた。
先輩からの抑圧もきつく、特に運動系の部活はいじめの巣窟になっていた。
こんな学校だったから卒業式なんて泣けたものではなく、卒業したときはせいせいしていた。
(なぜか今まで散々暴れまわっていた生徒はこういう時だけ号泣していたりする。)
中学時代は今考えても酷い環境だった。
地元を出て大学に入り、周りの子たちの中学時代の話を聞いていてはっきりと思った。
公立なんて行くものじゃない。
子供に安全な生活をおくらせたいなら、せめて中学は私立に行かせた方がいい。
私立にもピンキリはあるが誰でも通える公立よりマシだ。
中学から私立に通っている友人の話を聞いていると、平和で羨ましくなってくる。
「あの中学で鍛えられたでしょ!」なんて言う人もいるが、とんでもない。
逆にストレスで上から横から押さえ込まれ、歪んだだけだった。
青春などこれっぽっちも感じなかった。
私の中学時代は今更どうすることもできないが、もし子供を持ったら私立学校に行かせたい。
わざわざ環境の悪いところに放り込んで疲れさせて歪ませたくない。
http://anond.hatelabo.jp/20090320

はてな匿名ダイアリーの『公立学校なんて行くものじゃない。』というエントリーに同意。
一般社会人であれば、暴力団や反グレのような反社会的勢力と交友することは許されず、仲良くした場合、非難、糾弾、失脚の対象になるが、公立校の場合、逆にとんでもない不良ともクラスの中で無理やり班を組まされたり仲良くすることを強制される環境にあり、全くまともじゃない状況になってしまっているのではないかと思う。
社会人⇒暴力団、反グレと仲良くする=許されない。
公立校⇒不良、グレてる生徒、とんでもない悪辣な生徒とも仲良くせざるを得ないという恐ろしい環境。

渡邊芳之帯広畜産大学教授が入院、手術予定を報告

 
 on 12月 6, 2015

心理学者の渡邊芳之帯広畜産大学人間科学研究部門(人文社会・体育学分野)教授が12月4日、これから入院、手術を行う旨を公表し、当面の間、ツイートを控えることになると報告した。