文化

「100億の男」漫画家 国友やすゆき氏が、9月20日に死去

 
 on 9月 25, 2018

漫画家国友やすゆき氏が、9月20日に死去。享年65歳。
関西テレビ制作でドラマ化されフジテレビ系で放送された「100億の男」や「JUNK BOY」「幸せの時間」などの作品で知られるた。
週刊ポスト(小学館)で連載していた「愛にチェックイン」は休載中だった。

2013年11月から脳内出血で療養中の中村福助(57) 5年ぶりに舞台復帰

 
 on 9月 12, 2018

2013年11月から脳内出血で療養中の歌舞伎俳優の中村福助(57)が9月2日、東京・歌舞伎座で5年ぶりに舞台復帰を飾った。
右半身に病気の影響が残っているというが会話できるまでに回復しているという。

魯迅研究家 代田智明東大名誉教授が10月28日逝去

 
 on 10月 29, 2017

中国文学者、魯迅研究家の代田智明東大名誉教授が10月28日朝逝去。

代田智明(しろた ともはる):1951年10月29日生まれの中国文学者、元東京大学教授。2017年3月定年で東京大学を退職。

氷川きよし「面影の都」「ちょいときまぐれ渡り鳥」の作詞家 仁井谷俊也氏が逝去

 
 on 10月 24, 2017

作詞家の仁井谷俊也氏が今月7日、病気のため逝去していたという。2014年、氷川きよしに提供した「ちょいと気まぐれ渡り鳥」で第47回日本作詩大賞受賞した作詞家で、氷川きよしの「面影の都」、北島三郎の「橋」、長山洋子の「蜩」などを手がけた。享年69歳。

歌手藤原浩の気まぐれ日記より。

ここ近年たいへん
たいへんお世話になっておりました
作詞家の仁井谷俊也先生が、ご病気にてご逝去されました。
http://yaplog.jp/hiroshi-f/archive/5356

漫画家高畠エナガ氏(29)が、今年の8月21日に脳梗塞のため逝去

 
 on 10月 18, 2017

日本漫画家協会は10月13日、協会会員の漫画家高畠エナガ氏が、今年の8月21日に脳梗塞のため死去していたことを発表した。葬儀は8月24日に、七十七日法要は10月7日に、近親者のみで行われたとのこと。
高畠氏は『ジャンプスクエア』2011年11月号の特別付録漫画「Reversi」で漫画家デビューした29歳の漫画家。
亡くなる2週間前に自身のTwitterで「人間ドックにいった。MRIは二度目だったからのんびり瞑想して平気だったけどその後のバリウムがきつかった。。バリウムのもったり感と事前に飲む炭酸のコンボがもう。。大体問題なしで良かった。」
と話していた。


一度目のMRIは去年の11月で、その際は問題なしとの診断だったという。


-link
公益社団法人日本漫画家協会

漫画家のつかじ俊氏(27)が9月25日、死去

 
 on 10月 3, 2017

ガン闘病中だった漫画家のつかじ俊氏が9月25日、死去したことを、10月1日、家族が報告した。享年27歳。
つかじさんは昨年3月にガンと診断されたことを公表していた。

つかじさんは昨年3月の自身のブログでガンと診断されたことを告白。4月には、『ヤングエース』(株式会社KADOKAWA)が連載中だった『きょうのきゅうしょく!』について、作者のつかじ俊氏のガン闘病の為に、中止になると発表していた。

25歳でがんだとは医者も滅多に思わないそうですね。
まあ自覚症状がほぼ無いんだからましてや他人には分かりえない事ですね。

言えるのは20代でも普通にがんになるという事です。
https://ameblo.jp/tukazishun/entry-12140793829.html</blockquote

声優、音響監督の中嶋聡彦さん(55)が逝去

 
 on 9月 26, 2017

声優、音響監督の中嶋聡彦さんが9月8日に死去。享年55歳。
死因は公表されていないが、中嶋さんが所属していた音響制作会社テクノサウンドによると、病気療養中だったとのこと。


-link
technosound.co.jp