政治

金子勝慶応大学教授『経済最優先と言えば、拝金主義に毒された「B級国民」がついてくる』

 
 on 10月 25, 2015

金子勝慶応大学教授が経済最優先の安倍政権支持者は「拝金主義のB級国民」と、異なる立場の国民を蔑視する、ツイートを発信した。

安倍総理が現職総理として初めて米空母へ乗船

 
 on 10月 20, 2015

安倍総理が10月18日、米海軍横須賀基地に配備された原子力空母ロナルド・レーガンに乗艦した。
現職首相が米空母に乗艦するのは初めて。米海軍第3艦隊司令官のノラ・タイソン中将らが艦内を案内した。



[TBS News-i]

[週刊大衆]島田紳介がついに始動

 
 on 10月 20, 2015

『週刊大衆』が11月2日号で『「紳助会」&政界野望をすっぱ抜き 島田紳介がついに動き出した』との見出しを掲げ、島田紳介の復帰の可能性を報じた。
Weekly_Taishu

小沢一郎「国民全員が活躍せよ」など余計なお世話だ

 
 on 10月 12, 2015

第3次安倍改造内閣で首相が「目玉」に掲げた一億総活躍担当大臣について、生活の党と山本太郎となかまたちの代表小沢一郎(事務所)公式アカウントが「戦前回帰のスローガン」「余計なお世話」などと批判コメントを発表した。

翁長雄志 沖縄県知事に対し「外患誘致罪」適用を求める署名がスタート

 
 on 10月 8, 2015

9月21日に、国連人権理事会で米軍基について、「私たちが自ら望んで土地を提供したことは一切ありません」と断言し、米軍基地問題により沖縄県民の自己決定権や人権がないがしろにされているとして、米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設反対を訴えた翁長雄志 沖縄県知事に対し、「Kizna-絆-」という学生団体が署名サイトchange.org上で安倍晋三内閣総理大臣に対し、日本の国家存続のため、『翁長雄志・沖縄県知事へ「外患誘致罪」適用することを求める』という署名集めを開始した。
「Kizna-絆-」の主張
『辺野古のキャンプ・シュワブは1956年に地主と議会とで村の発展の決め手として誘致を決定したものであり、自ら進んで土地を提供したもの。翁長知事は国連の場で虚偽の事実を述べ、意図的に日米同盟に亀裂を入れることを画策した。また、同知事は辺野古沖の埋め立て承認を取り消す方針を示しているが、これは、2006年5月に日米両政府が合意した「再編実施のためのロードマップ」に基づき、普天間基地を辺野古沖に移設するという計画を阻止し、日米同盟を故意に破綻させることを企図するものであり、一地方自治体の権限を越えた越権行為だ。
中国が尖閣諸島おとび沖縄本島への覇権の拡大を企図していることが明らかな状況下におき、日米同盟に亀裂を入れ、沖縄から米軍基地を撤退させることを企図する行為は、中国に武力を行使させる「外患誘致罪」が適用されるべき。ゆえに、安倍晋三内閣総理大臣に対し、日本の国家存続のため、翁長雄志・沖縄県知事への「外患誘致罪」適用することを強く求めます。
(※外患誘致罪・・・刑法第81条「外国と通謀して日本国に対し武力を行使させた者は、死刑に処する」)
link:Change.org

安倍内閣改造で河野太郎氏が行政改革担当相に 国家公安委員長も兼務

 
 on 10月 7, 2015

8月6日付の公式ブログで現在の我が国の財政状況を考え、国立競技場を新たにつくらないという選択肢、ゼロ・オプションを検討すべきだと提言(taro.org)している河野太郎氏が行政改革担当相として入閣することが固まった。


警察を管轄する国家公安委員長も兼ねるこの人事に保守派の間から不満が噴出しているが、第2の渡辺善美になる可能性も。
小泉内閣で、行政改革担当大臣として入閣し、官僚機構に挑んだ渡辺喜美氏は、2009年1月に自民党を離党、みんなの党を結成している。

+関連ニュース

自民党の河野太郎衆院議員(神奈川15区)は6日、平成24年と昨年の各衆院選に当選した当時の資産報告書と、23年分の資産補充報告書の訂正計3件を衆院事務局に届けた。それぞれ貸付金を「なし」から「250万円」に改めた。河野氏の事務所は「精査した結果、記載ミスがあった」と説明している。
産経ニュース,2015.10.6

安倍晋三首相 レゲエ発祥の国の夕食会で、レゲエ歌手の歌にあわせステップ

 
 on 10月 3, 2015

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本の首相として、初めてカリブ海に浮かぶ島国ジャマイカを訪問した安倍晋三首相は10月1日、首都キングストン市の「ボブ・マーリー博物館」を訪れ、シンプソン・ミラー・ジャマイカ首相の案内で、「レゲエの神様」ボブ・マーリー(ジャマイカ出身)の展示品を見学した。その後、シンプソン・ミラー首相が主催した夕食会に出席。レゲエ発祥の国の夕食会で、レゲエ歌手の歌にあわせステップを刻んだ。