政治

厚労省官僚 北島智子関東信越厚生局長が弟に刺され死亡

Written by  on 8月 13, 2017

自宅マンションで姉(56)を包丁で刺したとして、警視庁高輪署は8月12日、殺人未遂の疑いで東京都港区高輪に住む男(52)を逮捕した。
刺されたのは、厚生労働省のキャリア官僚で、関東信越厚生局長北島智子さん。搬送先の病院で死亡した。同署は殺人容疑に切り替えて調べる。男は、10代の子ども2人と男の母親の4人暮らしで、長女が「父がおばを包丁で刺した」と110番したという。


産経新聞の報道によると亡くなった北島さんは、医師免許を持ちながら公務員として保健医療行政に携わる「医系技官」で今年7月に現職に就いたばかりだった。

北島智子環境省 環境保健部長
(環境省に出向し、環境保健部長を務めていた時代の動画)

安倍晋三総理が“5キロ超の重い防護服を着て働く福島原発作業員”を激励するツイート

Written by  on 4月 16, 2016

熊本地震発生から1時間後に安倍総理が何故か、熊本ではなく、福島原発を視察した際の様子をツイートした。


その後、熊本大地震の現状に関するまとめ情報をツイート。

田母神俊雄元空幕長逮捕

Written by  on 4月 14, 2016


田母神俊雄元航空幕僚長が4月14日、東京地検特捜部に公職選挙法違反容疑で逮捕された。
逮捕直前の14日午前には自身のツイッターに「本日、田母神は逮捕されるようです。何とも理不尽さを感じますが、国家権力にはかないません。」と書き込んだ。

自民党 ブログやツイッターなどネット上の声分析する新組織設置

Written by  on 4月 10, 2016

自民党がブログやツイッターなどインターネット上の意見をくみ取る態勢を整えようと、社会的に関心の高い出来事などに関連する、ネット上の投稿を分析するための新たな組織を立ち上げた。
この組織では、関心の高い出来事や政府・与党の政策などに関するキーワードを、1か月ごとに設定し、関連する投稿を集めて内容を分析することにしていくという。
自民党は集められた投稿をもとに、有権者の不満や誤解をできるだけ早く把握し、今後の政策に反映させることにしているほか、国会での議員の質問などにも生かしていくとのこと。

中心となって進めるのは、自民党の平将明衆議院議員。ネットモニタリングの重要性は世耕官房副長官や平井卓也氏が前から主張し、その都度、チームが組織され、平氏が党情報調査局長の時もチームを組成したが、人事で人が変わって、この種の課題に疎い人が責任者のポストに就き中断されてしまうということが続いていた。
『常設されるなら前進。現在、私の党の行革チームで検討を進めている。』(平将明衆院議員,2016年04月3日,NewsPicks)

河井克行首相補佐官が、秘書に暴行を働き、刑事告訴されていた

Written by  on 3月 2, 2016

安倍首相の補佐官を務める河井克行衆議院議員(52)が、秘書に暴行を働き、刑事告訴されていたと週刊文春が3月3日号で報じた。

ko

 

 

 

 

 

 

 

 

小誌が取材を進めると、
「あの人(河井氏)だけはどうしても許せない」という男性に出会った。男性の名前は中村秀雄氏(74)。1999年の4月から7月にかけて河井氏の秘書を務めた人物だ。
「あの人は私が運転していると、運転の仕方や言葉づかいが気に入らないと、『このやろう』と罵声を浴びせて、ハンドルを握る私の左腕を蹴りまくるのです。毎日のように蹴られました」
中村氏が取り出した一枚の写真には、左上腕部を痛々しいアザに覆われた当時の姿が写っていた。診察の際、看護師に撮ってもらったものだという。さらに選挙における対立候補のポスターを剥がすことを河井氏に強要された中村氏は、秘書を辞めることを決意。先の暴行事件について告訴状を提出して、広島県警に受理された。

だが元秘書氏は、退職後、河井氏のポスターをカッターナイフで切り裂いたとして、器物損壊で現行犯逮捕された。

「私にはどうしても我慢がならなかったんです。今となれば、自分がやった行為については深く反省していますし、私が逮捕されたことで、告訴した暴行の件も立ち消えになってしまいました」

河井議員は文春に対して、弁護士を通じて、
『河井議員が事務所に勤務していた者らに対し、暴力を振るった事実はありません。』
『河井議員の暴力により中村氏が怪我を負った事実もありません。』
と回答。

衆院議員の元秘書(49)が練炭自殺 議員の給料ピンハネを告発していた野田哲範氏か 

Written by  on 2月 15, 2016

2月11日午前、兵庫県西宮市の路上で、駐車中の乗用車から煙が出ているのを通行人男性が見つけ、110番した。西宮署の調べでは、運転席で男性が死亡していた。免許証などから、兵庫7区(西宮、芦屋市)選出の山田賢司衆議院議員の元秘書の男性(49)と見られるという。

西宮署の調べでは、後部座席にしちりんが置かれ、運転席で男性が死亡していた。外傷はなく、練炭自殺を図った可能性が高いという。遺体の損傷が激しく、同署は解剖を行い、人定の特定を急ぐ。
神戸新聞NEXT,2016/2/12

地元の神戸新聞は、外傷はなく、遺体の損傷が激しいというやや矛盾した記述で報道。

神戸新聞は現時点で氏名は伏せ、“元秘書の男性(49)”と伝えているが、「給料をピンハネされ続けた」として、実名で山田議員を告発していた野田哲範氏とみられる。野田氏は1966年10月27日生まれの49歳で、西宮市在住。

実名告白 元公設第一秘書が刑事告訴「私は自民党代議士に給料をピンハネされ続けた」  逮捕の可能性も 
証拠はメールに残っている
足元がグラついてきた自民党に、今度は「カネ」のスキャンダルだ。疑惑の主は、兵庫7区選出の山田賢司衆院議員(当選2回)。
昨年の9月まで山田氏の公設第一秘書を務めていた野田哲範氏が、実名で告白する。
http://wgen.kodansha.ne.jp/archives/24539/

野田氏は2月6日頃から山田議員が文書滞在交通費を私的流用していたのではないか?などという様々な疑惑を書き連ねる記事を連続でアップロードしていた。

TPP合意の立役者 49歳で急逝した外交官をNHKが特集

Written by  on 2月 13, 2016

2月4日、ニュージーランドで署名されたTPP=環太平洋パートナーシップ協定。日本が参加してから2年余りに及んだ交渉には、霞が関から多くの官僚たちが交渉官として携わりました。
12か国の国益が激突した厳しい協議。そうしたなか、内外の交渉官から信頼を集めながら、去年3月下旬、49歳で急逝した外交官(松田誠前外務省経済連携課長)がいました。『彼なくしてTPPは実現しなかった』と首席交渉官が語るその人はどのような官僚だったのか、NHK経済部の伊賀亮人記者が報告しています。

TPP合意にかけた或る外交官の死
2月11日
健康にも気を遣い、ランニングをしたり無駄な残業はしないという人だったため、亡くなったことを今でも信じられないと話を聞いた全員が言います。

ただ、私自身、交渉会合の度に連日深夜、時には夜を徹しての交渉や国内との調整が行なわれている様子を見てきました。特に亡くなる直前の3月中旬に行なわれた首席交渉官会合は、毎日数時間の睡眠もとれない状況だったということで、知らず知らずのうちに健康が蝕まれていたのではないかと思います。

松田さんは桜が咲く去年3月下旬、自宅で倒れ、虚血性心不全で亡くなりました。49年の人生を駆け抜けて行ったのです。

松田さんの死は、TPP参加国の交渉官らにも衝撃だったそうで、交渉会合では直接の交渉相手だけでなく、その上司である首席交渉官からも弔意が示されたということです。
http://www3.nhk.or.jp/news/business_tokushu/2016_0211.html

-link
国のEPA政策の現状について解説する松田誠経済連携課長|外務省

北朝鮮がウラン濃縮活動を拡大 核開発に必要なプルトニウムを抽出する可能性

Written by  on 2月 10, 2016

北朝鮮がウラン濃縮活動を拡大しており、「核ミサイルの開発に取り組んでいること」を米諜報機関のトップ、クラッパー国家情報長官が2月9日の上院軍事委員会の公聴会に提出した書面で明らかにした。北朝鮮が寧辺にある5000キロワット黒鉛減速炉を再稼働させたと公式に確認した。また、数週間から数カ月以内に核開発に必要なプルトニウムを抽出する可能性があるとの見方を示した。
source:washingtontimes

北朝鮮のミサイルが沖縄上空を通過

Written by  on 2月 7, 2016


日本政府は7日午前、北朝鮮から事実上の長距離弾道ミサイルが「沖縄県地方の方向に発射された」と発表。北朝鮮のミサイル発射で日本国内への落下物なし~政府発表。

北朝鮮が2016年5月より国名を「Corea」に改名 「日本の罪悪を決算する為」

Written by  on 2月 5, 2016

北朝鮮が2016年5月より「日本の罪悪を決算して民族の自主権を守るため」、国名を「Corea」に改名すると1月31日の韓国メディアは報道している。
金日成総合大学博士生の朴学哲氏の論文によれば、元々北朝鮮の英語名は「Corea」だったが、北朝鮮が日本の植民地だった時代、日本はアルファベット順に見て「Japan」の「J」が「Corea」の「C」よりも後ろにある事を不満に思い、「Corea」から「Korea」に改名したという。
しかし、韓国仁荷大学の李英浩教授が20世紀初期の日本書籍を調査したところ、日本側は「K」又は「C」に関して関心を持っていない。
「C」が正解であるとしても、現時点で国名を修正するのは非常に困難であるとされる。
source:Epoch Times