政治

自民党、公明党で300議席に迫る勢い 希望の党は伸び悩み

Written by  on 10月 13, 2017

第48回衆院選について世論調査を実施した日本経済新聞によると、衆院定数465議席のうち、与党の自民党、公明党で300議席に迫る勢いだ。
自民だけでも安定多数の244議席を上回る見通しで、小池百合子東京都知事が立ち上げた新党「希望の党」は選挙区で苦戦し、比例代表と合わせても70議席程度にとどまるとの結果になった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自公で300超、希望の党は60前後、立憲民主党は30、共産党は議席減

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

共同通信社が10月10,11の両日、全国の有権者約11万8900人を対象に実施した電話世論調査でも、自民党は小選挙区、比例代表で優位に立ち、公明党と合わせた与党で300議席超をうかがうという結果に。希望の党は60議席前後で伸び悩み、立憲民主党は30議席台、共産党は議席減、日本維新の会は微増にとどまるという予測に。

織田元空将 米軍の戦争準備が整うのは年末。次の内閣は戦時内閣になる可能性

Written by  on 10月 13, 2017

フジテレビ新報道2001に出演した織田邦男元航空自衛隊空将によると米軍の戦争準備が整うのは年末で『次の内閣は戦時内閣になる』可能性が高いという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9月30日放送の朝日放送「正義のミカタ」では、産経新聞の石橋文登政治部長が総選挙の争点について「朝鮮半島有事」で、今総選挙は「有事解散」だと解説。

国際的常識

まあその通り。東京のメディアでは煽りとか言われるが国際的常識。突発事態を除き11月の米中首脳会談後多国籍軍の行動がありトランプ、習、プーチンと対等に北朝鮮の統治についてどこまで食い込めるかは日本のリーダーの責任

政府 年末年始に朝鮮半島有事を想定か

Written by  on 10月 13, 2017

ジャーナリスト有本香氏が、AbemaTV見城徹「徹の部屋」(2017年10月12日)で安倍晋三首相と共演した時の裏話を語った。
『年末くらいに朝鮮半島有事があるのではないかと疑ってしまうのですが』(有本香)
『これから北朝鮮への制裁がきつくなるので、緊迫度が増していくのは間違いない。』(安倍首相)


8日夜に安倍首相は出演したAbemaTVにて「あらゆる手段で圧力を高めていくから、状況は緊迫していく。今年暮れから来年にかけて選挙をする状況ではなくなる。」とコメント。

希望の党会計責任者 戸田泉弁護士の本拠は、韓国のサムスン系企業CJジャパンだった

Written by  on 10月 12, 2017

希望の党(小池百合子代表)の会計責任者戸田泉弁護士の本拠が韓国のサムスン系企業CJジャパンであることが判明した。
政治資金規正法に基づく政治団体の届出によると希望の党(小池百合子代表)の会計責任者戸田泉弁護士の事務所の所在地は東京都港区西新橋2-7-4 CJビル6階で、 CJ Japanは韓国の企業だという。

CJグループ(シージェイグループ)とは、大韓民国の企業グループである。会長は李在賢。
https://ja.wikipedia.org/wiki

[自民党独自情勢調査]自民239,希望100,公明34,立憲民主29,維新25,共産22

Written by  on 10月 11, 2017

衆議院議員選挙は、10月10日公示され、10月22日の投開票に向け選挙戦がはじまった。
10月7-9日に実施された自民党の独自情勢調査結果によると、現与党の自民公明合わせて過半数維持どころか、絶対安定多数維持の勢いとのこと。
10月7-9日実施、自民党独自情勢調査結果
自民239
希望100
公明34
立憲民主29
維新25
共産22
社民2
大地1
無所属13


自民 公明 維新 希望で合計398議席見込

NBCNews ティラーソン国務長官がトランプ米大統領とmoron(ばか)と呼び批判したと報じる

Written by  on 10月 8, 2017

NBCNewsは10月5日、今夏にトランプ米大統領とティラーソン国務長官との間で対立が高まり、ペンス副大統領がティラーソン長官に対し辞任しないよう説得したと報じた。
NBCNewsは関係者の話として、ティラーソン長官はトランプ大統領をmoron(ばか)と呼び批判したと報じた。

一方、トランプ大統領はNBCにより出された偽物ニュースであるとし、ティラーソン国務長官の辞任説を否定した。


希望の党公認の原口一博氏が無所属で立候補へ

Written by  on 10月 8, 2017

希望の党の公認を受けていた元民進党代表の原口一博氏=佐賀1区=が、希望の党が中山成彬元文部科学相を比例九州ブロックの1位候補にするとしたことに反発し、10月10日公示の衆院選に無所属で立候補すると表明した。

。希望の党は「安倍政権打倒」を掲げているが、中山元文科相は「小池代表が出ないなら、安倍晋三さんがいい」と述べ、小池都知事が安倍首相の交代を求めている点についても「そこまで(党内で)意思統一ができていない」と語っているほか、候補者に選定につて小池代表から頼まれ、憲法改正、安保法制などに対する姿勢を「チェック」していると話している。

安保法制容認、改憲支持等 希望の党の公認申請に伴う政策協定書が話題に

Written by  on 10月 3, 2017

安保法制容認、改憲支持などを列挙した希望の党の公認申請に伴う政策協定書が話題に

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小池百合子東京都知事が立ち上げた希望の党が衆院選公認申請を求めた政策協定書の概要が10月2日、判明した。
安保法制容認、憲法改正支持、外国人地方参政権反対など、多くの民進党議員のこれまでの政治姿勢に反する条件が並んでいる。

国民の信を問う以前に 国民が晋を問うてる。(ほっしゃん=星田 英利)

Written by  on 9月 26, 2017

さる7月25日に安倍首相に辞任を求めるツイートを連投し話題となった星田英利(元ほっしゃん)。
総選挙を前にまた、『国民が晋を問うてる』との挑発的ツイートを発した。

7月に安倍首相辞任を求めるツイートを連投し話題に

民進党前原誠司新代表 北朝鮮との不可解な蜜月関係が発覚 民進党内対立勢力のリークか

Written by  on 9月 14, 2017

核の脅威が高まるなか、民進党党首と北朝鮮の不可解な“蜜月”の謎
9月1日の民進党代表選で、新代表となった前原誠司氏に、北朝鮮との不可解な蜜月関係が発覚したと週刊文春が報じた。

1999年6月3日に北朝鮮を代表する観光地・妙香山で、大自然をバックに、親密に身体を寄せ合い、カメラに向かって微笑む当時37歳の前原氏と、北朝鮮美女の姿が写っている。

写真は、当時2回生議員だった前原氏が地元(京都)の支援者とともに、北朝鮮を訪問した際に撮影されたもの。
相手の女性は接待係とのこと。


前原誠司新代表は9月1日の就任会見で、共産党との選挙協力の見直しを検討すると表明していることから、ネット上では山尾→前原、前原グループの連続狙い撃ちに共産党と手を切る路線が気に入らない連中の仕業か?との見方も出ている。

現在、週刊文春は花田紀凱氏(月刊Hanada編集長)が編集長を務めていた時代と違い左傾化していると見られている。

松井清人文藝春秋社長は民主党有田芳生参院議員が同士と公言する人物