原子力

大阪大学で物理学を教えているkikumaco氏が、2018年12月16日に「3・11後の健康を考える学生・子ども甲状腺エコー検査」を主催する東京学芸大学教育実践研究支援センターに対し、 『福島で甲状腺ガンが多く発見されて …

Continue reading 物理学者が東京学芸大学で行われる学生・子ども甲状腺エコー検査に危機感 『受診者に利益がなく、害だけがあるような検査』

地球温暖化対策を名目に、経済産業省が新たな小型原発の開発を進める方針を固めた。 温室効果ガス削減問題では太陽光、風力などの再生可能エネルギーが世界的に普及している中、経産省は削減には原発が必要と判断。 東京新聞によると、 …

Continue reading 資源エネルギー庁 従来の大型原発の改良と小型原発の開発を進めると表明

福島第一原発の事故からまもなく7年。 福島県内の川で目に見える大きさの放射性物質の「粒」が確認された。 「セシウムボール」と呼ばれるこの粒子、その正体とは・・・ 見つかったのは肉眼でも見える小さな粒。 セシウムは水に溶け …

Continue reading 福島県内の川で目に見える「セシウムボール」が確認

福島第1原発事故を受けた国の除染事業を請け負う清水建設の下請け企業の代表ら役員が、1年間で43億円もの役員報酬を得ていたことや、国の除染費用が、野球の応援に使われていた疑いがあることが、FNNの取材でわかった。 この企業 …

Continue reading 除染下請け企業 役員報酬1年43億円 除染費用が、野球の応援に使われていた疑いも

原発事故のあと甲状腺がんと診断され、手術を受けた福島県の子どもやその保護者に支援団体とNHKがアンケートを行ったところ、がんの再発や将来などへの不安を抱えている人が8割近くに上りました。 原発事故を受けて、福島県が行って …

Continue reading 原発事故後に150人余りが甲状腺を切除する手術

韓国気象庁は北朝鮮が追加の核実験を行った場合、放射性物質が外部に漏れ出し、北海道からアラスカに行くす可能性があると指摘した。 韓国気象庁の長官は30日の国会答弁で、放射性物質が漏出する可能性について「(実験場になっている …

Continue reading 北朝鮮追加核実験で放射性物質漏出 北海道からアラスカに届く可能性

白血病の一歩手前で助かったという元イチエフ(東京電力福島第一原発)作業員の労災申請が始まった。 元作業員の兄によると、1年の間、何も出来ず後遺症で右目が視力低下し糖尿病にも罹っているという。 元イチエフ作業員で、退役直後 …

Continue reading 白血病の一歩手前で助かった元イチエフ作業員の労災申請が始まる