スポーツ

清原和博容疑者(48)について韓国メディア中央日報がプロ入り時に同胞と報道

Written by  on 2月 5, 2016

覚せい剤取締法違反(所持)容疑で現行犯逮捕された元プロ野球選手の清原和博容疑者(48)について、韓国メディア中央日報が同胞と報じていることがわかった。記事はプロ入り時の1985年の紙面(12月12日付)に『在日同胞清原ライオンズ入団』などと掲載され、その後Web化されたもの。

ni

 

 

 

 

 

 

 

 

在日同胞清原庶務ライオンズ入団
中央日報 1985-12-12午前12:00:00
【東京=チェチョルジュ特派員】日本プロ野球西武(庶務)ライオンズにドラフト1義指名された在日同胞「清原」(請願ファブリック・18)が12日程で入団した。
「清原」の契約金は、歴代高校生では最高額の8000万円であり、年俸は480万円である。
来年のPL学園を卒業する「清原」は、高オシ円大会史上最高のスラッガーとして挙げられた三藪から背番号3番をつけて、来年1月15日から訓練に参加することになる。
http://m.gangnam.joins.com/news/article/article.aspx?total_id=2029073&sns=

東電復興本社、Jヴィレッジから富岡町へ移転 Jヴィレッジ東京五輪日本代表の強化拠点に

Written by  on 2月 1, 2016

東京電力復興本社、Jヴィレッジから富岡町へ移転
かねてより復興本社を移転することを表明していた東京電力は27日、移転先を「浜通り電力所(双葉郡富岡町)」とし、2016年3月末までに移転すると発表した。
press:tepco.co.jp

「福島復興本社」は、原発事故被災者への賠償、除染、復興推進などについて、一元的に意志決定するため東電が福島県にある全ての事業所の復興関連業務を統括するために、2013年1月1日にJヴィレッジ(楢葉・広野町)内に設置された設置した組織。

Jヴィレッジ スポーツ施設として復旧へ
日本サッカー協会は平成31年4月に営業を全面再開するJヴィレッジを、翌年に控える東京五輪に向けた男女日本代表の強化拠点とすることを理事会で正式に決めた。さらに同五輪後、ワールドカップ代表や各年代代表も活用する可能性が出てきた。
source:福島民報

BLOWSプロファイター呑谷尚平選手(27歳)が死去

Written by  on 1月 25, 2016

MMA&BJJ BLOWS所属のプロファイター 呑谷尚平(のみたに しょうへい=27)選手が1月24日死去。
b

FC伊勢志摩関本恒一選手(37)が死去

Written by  on 1月 25, 2016

三重県志摩市を本拠地とする社会人サッカークラブFC伊勢志摩は、2014年8月より骨肉腫で闘病中だった同クラブの関本恒一選手が1月23日午後21時29分永眠致したと報告した。満37歳。関本選手は1997年から2002年までサガン鳥栖で活躍していた。
-link
(pdf)FC.ISE-SHIMA

海外メディアが2020東京オリンピック招致の賄賂疑惑について報じる

Written by  on 1月 17, 2016

国際オリンピック委員会が2020年の東京オリンピックの票買収について独立の調査委員会を立ち上げるように求める動きに出ている。
世界反ドーピング機関の第三者委員会が1月14日、ロシア陸上のドーピング問題に関する調査報告書を公表したが、2020年五輪の招致に関する内容も国際陸連のディアク前会長の親族とトルコのスポーツ関係者との会話として記載されていた。イスタンブールが立候補したトルコは協賛金を支払わなかったが日本は国際陸連に協賛金を支払った。そのため、当時国際陸連の支援を得ることができ、招致に成功した可能性があると報じられている。

The Olympic body said on Friday it has asked the World Anti-Doping Agency’s independent commission for transcripts from its report on doping and corruption in track and field that raises the possibility that $5 million in sponsorship money was paid to help Tokyo secure the games.
sports.ndtv.com,15 January, 2016

プロレスラー葛西純選手の父(66)が、肺ガンのため、逝去

Written by  on 1月 16, 2016

プロレスラー葛西純選手の父(66)が2016年1月13日、肺ガンのため、北海道帯広市内の病院で逝去。
葛西さんは身長173cmとプロレスラーになるには小柄な体格のため、「自分がプロレスラーになれるわけがない」と思い、警備会社でいたというプロレスリングFREEDOMS所属の選手。大日本プロレスを主戦場としている。通称『クレイジーモンキー』。身長173cm、体重90kg。

元小結で東十両9枚目の時天空(時津風部屋)が悪性リンパ腫で初場所を休場

Written by  on 1月 8, 2016

元小結で東十両9枚目の時天空(36=時津風部屋)が、初場所を休場することになった。2015年7月に肋骨周辺に痛みを訴え、秋場所後の検査で悪性リンパ腫と診断され、現在、東京都内の病院に入院し抗がん剤治療を受けているという。

同じ時津風部屋では、双大竜も昨年の春場所を、「じんましん様血管炎」で休場している。

エマニュエル・ヤーブロー選手が死去 51歳 巨体力士、格闘家として活躍

Written by  on 12月 23, 2015

世界で最も体格の良い力士として知られ、後に格闘家として活躍したエマニュエル・ヤーブロー選手が今週月曜日に亡くなったと海外の格闘技専門ニュースサイトが報じている。享年51歳。
ヤーブロー選手は1995年頃、アマチュア相撲の世界チャンピオンで、当時巨体力士として有名だった。その後、総合格闘技(MMA)、柔道、レスリング等で活躍した。
UFC 3 Veteran Emmanuel Yarborough passes away at 51
Posted by Eric Kowal on Dec 21, 2015 in MMA News
He was known as the world’s largest athlete; an American amateur sumo wrestler and mixed martial arts (MMA) competitor, also having competed in judo, wrestling, and American football, and today we are saddened to learn of the passing of Emmanuel Yarborough.
mymmanews.com


[MISTRZOSTWA ŚWIATA W SUMO – Marek Paczków & Emanuel Yarbrough]

法政大学バスケットボール部のマルフォートラ マイケル選手が急性前骨髄性白血病と診断されたと報告

Written by  on 12月 4, 2015

法政大学GIS学部バスケットボール部のマルフォートラ マイケル選手が11月26日に急性前骨髄性白血病と診断されたことを報告した。
マイケル選手は英国生まれで、今年の3月に実践学園を卒業したばかり。19歳。

沖縄最強ファイター キックボクサーMr.神風さん(49)が死去

Written by  on 11月 16, 2015

キックボクシング・総合格闘技ジム“神風塾”塾長で自身もキックボクサーとして活躍した Mr.神風さんが死去。沖縄・美大島出身で沖縄県内の戦績では2014年までに200戦無敗と沖縄最強ファイターとも呼ばれていたMr.神風選手がステージ4の大腸ガンと宣告されたのは今年の6月。11月29日にMr.神風選手へのメッセージマッチが開催される予定だった。

川間功喜(神風塾 塾長 Mr.神風)儀
11月15日午後1時48分、大腸がんのため享年四十九歳にて急逝いたしました。
ここに生前のご厚誼を深謝し、謹んでご通知申し上げます。
https://www.facebook.com/permalink.php?id=100002245500599&story_fbid=917766064974902


[2014-05-11(Mr Kamikaze VS Yutaka,Yukimi)-cam1]