初代タイガーマスクである佐山サトル氏(60)が9月20日の原点回帰プロレス後楽園ホール大会で原因不明の体調不良に悩まされていることを報告した。
リングに上がった平井丈雅代表(53)は、初代タイガーマスクが手の震えなどの症状に悩まされていることを説明。
平井代表からマイクを受け取ったタイガーマスクは「プロレスに戻ってきますので待っていてください」と再起を宣言。

パーキンソン病疑い
初代タイガーマスクのブログによれば当初パーキンソン病の疑いと診断されたが….

意識ははっきりしているのですが、
とにかく自分が自分でないようなのです。
以前から病状が疑われていたのは、
実はパーキンソン病です。
3週間前に心臓の先生からもパーキンソンの波形が出ていると指摘され、
また丁度テレビでパーキンソン病の特集が放映されて、当てはまることばかりだったのです。
症状が進行しにくい薬が開発されているというので、一刻も早く病状を確定してもらい、
その薬を飲まなくてはならないと思っていたところ、
暑い日が続いて一気に寒くなった晩がありました。
ついに来た!異常なワナワナ感
普通、起き上がって歩くと治るのですが、今回は一向に治りません。
私はその夜クーラーと扇風機を回していて、非常に体調が悪くなっていたのです。

自立神経説
別の医師に診察してもらったとこと、自律神経系、ストレスと診断されたという。

急遽、専門医に診てもらうことになりました。

以前は、自律神経系だと言われ、リハビリにゴルフをしているのですが、

よく藤原先生と練習に行きます。

その後食事、先生は飲酒

よくセクハラとかパワハラとかが話題になるこの頃ですが、

酒ハラというのはないのでしょうか?

診断の結果

結局、何故かパーキンソンでも筋萎縮症でもありませんでした。

自律神経ならやはりストレス

パーキンソンでないとすれば、腰も肩も治せるため、ストレスのない環境下でリハビリに取り組んできたいという。
-link
https://ameblo.jp/tigersayama/entry-12405009867.html


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA