silver

洗面所センサーが白人の手には反応、黒人の手に反応せず話題に

Written by  on 7月 23, 2017

2015/09/02公開
Pretty self-explanatory. 😀
Location: Marriott Marquis in Atlanta. Dragon Con 2015.
To use this video in a commercial player or in broadcasts, please email licensing@storyful.com

洗面所に設置された自動ハンドソープディスペンサーに対して「黒人差別だ」との批判動画が話題になっている。
同公衆トイレのハンドソープディスペンサーでは、白人なら動作するが、黒人だと全く反応しないことに対して「人種差別」だとし、その動画が公開されている。
今回黒い肌が認識しなかったのは、光の当たり加減で十分に赤外線が認識できなかったためではないかとみられている。
via gogotsu.com

人気声優上坂すみれ Twitter、インスタグラムを閉鎖

Written by  on 7月 23, 2017

人気声優の上坂すみれがスタッフを通じ、情報発信の集約化を行うため、上坂すみれTwitter、上坂すみれInstagramを7/21をもって閉鎖すると発表した。
今後は、革命的ブロードウェイ主義者同盟Twitter(@kakubro)と上坂すみれ公式FC コルホーズの玉ねぎ畑Twitter(@uesakasumire_fc)を統合し、上坂すみれ公式Twitter(上坂すみれ_official @uesaka_official)より、情報を発信するとのこと。
Twitterアカウントは先日、55万フォロワーを超えた所だった。

上坂さんは2016年にも、一部ユーザーの迷惑行為で、一時Twitterを休止したことがある。
最近では、7月19日に、ネット上で上坂さんの殺害予告を行った男性の逮捕が報じられたばかりだ。
こうした嫌がらせや事件の積み重ねが影響しているとみられる。

乃木坂18枚目シングルは3期生大園桃子,与田祐希のWセンター

Written by  on 7月 10, 2017

乃木坂46の18枚目のシングルの選抜メンバーが、7月9日放送乃木坂工事中(テレビ東京系)で発表された。
Wセンターの名前を呼ばれたのは3期生の大園桃子と与田祐希で、
「ビックリしてるんですけど、迷惑かけないように頑張っていきたいです」(大園桃子)
「私は3期生の中でも特に何かできるわけじゃなくて、むしろみんなよりできないことばかりで、すごい不安なんですけど、成長できるように頑張ります」(与田祐希)
と抱負を語った。

 

 

 

 

 

 

 

 

選抜メンバー&フォーメーション
齋藤飛鳥、白石麻衣、大園桃子、与田祐希、西野七瀬、堀未央奈
、星野みなみ、松村沙友理、生田絵梨花、秋元真夏、衛藤美彩、高山一実
伊藤万理華、新内眞衣、生駒里奈、桜井玲香、若月佑美、井上小百合

松居一代さんが夫船越英一郎さんについての衝撃事実を告白

Written by  on 7月 5, 2017

2015年にはHbA1c(ヘモグロビン・エーワンシー)が9.3

女優松居一代さんが7月4日深夜、夫の俳優船越英一郎さんについて、衝撃事実を告白した。

松居さんによると、船越さんは二型の糖尿病にかかっており2008年に糖尿病が発覚したが、健康食品のイメージキャラクターを務めていたたため、治療はしなかったといい、2015年にはHbA1c(ヘモグロビン・エーワンシー)が9.3にまで上昇したという。

 

 

 

 

 

 

 

船越さんは松居さんの女友達でもあり、人妻でもある人物と関係

松居さんによると、船越さんは重度の糖尿病であるが、日本では許可の出ていないバイアグラ100ミリを飲んでいるという。松居さんはまた、船越さんがバイアグラを飲んで松居さんの女友達でもあり、人妻でもある人物と関係を持っているとも暴露してます。

文春とのトラブル
そもそものきっかけは文春とのトラブルが発端。動画の中で松居さんは、週刊文春はわたくし松居一代を騙しましたと涙ながらに訴えている。

松居さんの訴え
「5月24日に命懸けで手紙を書き死のうと思い夫に遺書を書いた」と動画で発言している。しかし船越さん執筆のノートを偶然、見つけたのだという。内容は明らかにされていないが、松居さんにとってはショックな内容だったと思われる。

文春との問題は2017年7月4日に
午後2時59分タクシーで文春へ。
この事件は命を懸けて書いた手紙から始まっている。この一年、苦しく死のうと思った。

週刊文春の編集者と6月2日に会うことになり、午後に出来上がった原稿は見せて貰えなかった。週刊文春側と「原稿見せて」「見せない」のやり取りがあり、最終的に7月6日発売の週刊文春に掲載予定の原稿は結局内容は知らされないまま、掲載となり松居さんは激怒。

ライトノベル作家 松智洋(まつ ともひろ)氏が43歳で急逝

Written by  on 5月 3, 2016

集英社ダッシュエックス文庫編集部が5月3日、ライトノベル作家 松智洋(まつ ともひろ)氏が5月2日に亡くなったことを発表した。享年43歳。


松智洋氏は4月20日に投稿した最後のツイートで、『体調戻って欲しい』と書き、体調不良を示唆していた。

漫画家吉野朔実さん(57)が、病気のため4月20日に逝去

Written by  on 5月 2, 2016

漫画家吉野朔実(ヨシノサクミ)さんが、病気のため4月20日に逝去。
〈吉野朔実劇場〉を連載中だった「本の雑誌」が5月2日発表した。
吉野さんは1959年2月19日大阪生まれ。1980年集英社「ぶーけ」に作品が掲載されデビュー。
発表した漫画作品は、『月下の一群』『少年は荒野をめざす』『ジュリエットの卵』『エキセントリックス』『僕だけが知っている』『恋愛的瞬間』『グルードを聴きながら』等。

人形作家大川誠さん(40) が個展開催中に急逝

Written by  on 5月 2, 2016

大阪市阿倍野区のgallery CORNERSにて2016年4月9(土)〜5月8日(日)の日程で個展「まことのまこと」が開かれている人形作家大川誠さんが、開催中の4月15日に急逝した。享年40歳。

ことし2月に副腎がんと診断された。手術ができないほど進行していた。少しでも励みになれば、と今月9日から1カ月間の個展をスタート。大川さんも会場を訪れ、喜んだ表情を浮かべたという。
大阪日日新聞,2016年4月30日

2016年4月9(土)〜5月8日(日)
大川誠個展「まことのまこと」

◯時間 13:00〜17:30 ※最終日はライブイベントのため展示は17:00まで

◯場所 大阪府 / gallery CORNERS
http://corners-net.com/exhibition/

初めてアトリエコーナスを訪問した際、大川誠さんがニードルパンチングという手法で創りだす「まこと人形」に一目惚れしました。この人形を勝手に『Makoot(マクート)』と名付け、プロモーションと代理販売を担い、デザイナーやカメラマン、スタイリストなどのクリエイターを中心に多くの方々にご購入いただきました。
pr-y.org/makoot


[makoot_movie_03.mp4]
produce: GAKU OGAKI
doll creation: MAKOTO OKAWA (Atelier Corners)
animation: KYOKO YAMATO (animation soup)
voice: MINATO WATANABE

元朝日新聞主筆、韓国・東西大学碩座教授の若宮啓文氏(68)が死去

Written by  on 4月 29, 2016

元朝日新聞主筆で、韓国の東西大学碩座教授、ソウル大学校日本研究所客員研究員なども務めた若宮啓文(わかみや・よしぶみ)氏が4月28日、中国・北京で28、29日に開かれる日中韓3カ国のシンポジウムに出席するため滞在していたという北京市内のホテルで亡くなった。病死。享年68歳。


若宮氏は論説主幹だった2005年当時、朝日紙上で「竹島と独島 これを『友情島』に…の夢想」(2005年3月27日付)と題したコラムで
『竹島を日韓の共同管理にできればいいが、韓国が応じるとは思えない。ならば、いっそのこと島を譲ってしまったら、と夢想する。』
と書き、大きな波紋を呼んだジャーナリスト。

ブラック牛マンさん(50)が死去

Written by  on 4月 29, 2016

福島のアマチュア団体・Sedに所属していたプロレス選手で、映画「プロレスキャノンボール2014」にも出演しているブラック牛マンさんが亡くなった。享年50歳。ゴージャス松野、坂口征夫らプロレス関係者が相次いで追悼メッセージを発している。

ゴージャス松野の『ゴージャスコラム』
大のプロレスファンで、ご自身も福島のアマチュア団体・Sedで活躍されていた『ブラック牛マン』こと佐藤誠さんが今朝他界致しました。
享年50才…体調不良で入院加療中でしたが、薬石効なく本日午前5時30分に長逝されたということです。
彼とは私がプロレスデビューして以来のお付き合いで、彼はいつも私の良き応援者でした。
http://blog.livedoor.jp/gojamatsu/archives/52113164.html

ブラック牛まんさんのTwitterより。

アイリが主演舞台降板を発表 元若嶋津,高田みづえ夫妻の長女

Written by  on 4月 28, 2016

二所ノ関親方(59=元大関・若嶋津)と高田みづえさん(55=元歌手)夫妻の長女で女優、モデルのアイリ(27)が4月24日、体調不良のため、主演舞台である劇団ズッキュン娘第9回公演「シャバダバダ!」(29日~5月2日、東京・吉祥寺シアター)を降板すると発表。
アイリはブログで「悲しく悔しい想いでいっぱいですが、今はまた元気な姿で舞台に立てるよう療養に努めております。」と心境をつづっている。
アイリ  オフィシャルブログ「LOVE is all」