有田芳生参議院議員が11月3日、ある国民的ミュージシャンからここ数年にわたりネット上、とくにツイッターで「国賊」「非国民」といった攻撃が続いているとの相談を受けたと明かした。

ミュージシャンの名前は明らかにしていないが有田氏と親交があり、2014年12月31日放送のNHK紅白歌合戦で、アドルフ・ヒトラー風のちょびヒゲ姿で登場し、安倍政権を揶揄しているのではないかと指摘され、批判された桑田佳祐氏の可能性が高い。
桑田氏はこの年の年越しライブで同年に受章した紫綬褒章を尻のポケットから取り出し、公開オークションを開くようなパフォーマンスをしたことや天皇陛下のモノマネをしたことでも厳しい批判を浴びた。

サザン桑田氏はまた、2015年3月31日にリリースしたアルバム「葡萄」にある「Missing Persons」というタイトルの曲で「アカン!!強引な交渉は」という歌詞で始まる北朝鮮による拉致問題を題材にした歌を歌っているほか、1995年7月17日発売のシングルでコリア賛歌のLOVE KOREAという曲をリリースしている。

[サザンオールスターズ(Southern All Stars)-LOVE KOREA]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA