10月2日から6日にかけて北朝鮮・平壌を訪問した訪問したロシアのモロゾフ下院議員は9日、ミサイル発射について、『彼らは近い将来、米国の西海岸に達するもう一つの長距離ミサイルを発射するつもりだ。彼らの気分は交戦的だ。』と述べた。

今日10月10日は朝鮮労働党の創立から72年の記念日にあたり新たな軍事挑発はあるのか各国が警戒・監視を強めている。

---

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA