在日勢力に壊滅的な打撃を与えるとされるテロ資産凍結新法が今国会で成立する情勢の中、『余命3年時事日記』が武装衝突の可能性に言及している。

余命3年時事日記
2014-09-28
個人にしても組織にしても口座凍結は社会からの抹殺です。完全に息の根を止められます。在日や暴力団が座して死を待つなんてことはありえません。彼らの本国である韓国は棄民方針ですからもうすでに逃げ場がなくなっているのです。安倍さんは窮鼠かえって猫を噛むということを避けるために強制送還窓口を北朝鮮にも広げるような手を打ってますが、日本における開き直り居座りと武装衝突での正面強行突破の可能性の方が高いでしょうね。現実に在日の組織犯罪押収資料には反日メディアは報道しませんが、日本人人質作戦が戦時国際法とともに戦闘マニュアルに明記されているようです。「100人人質に取れば日本は何もできない」という作戦です。

実際に在日韓国人の方が何やら物騒な発言をされている。

やはり日本は差別の国-OH EUI HO
2014-09-28
日本で生まれ育った私は、日本を嫌いだと思ったことは一度もなかった。
しかし、それは、韓国人だと相手が気付かず、嫌な目に合わなかっただけなのだ。
河野談話を実質的に破棄した日本
修復の道は閉ざされた。
日本好きだった私が、ここまで憎悪を持つようになった最近の日本
綺麗事言ってみても、修復出来ません。
いずれ、戦闘になると予言しておきます。
本当は、みんな気付いていると思う。
今や戦争前夜だと。
韓国にしたら、ずっと戦時下にあるわけで相手が日本に変わるだけ
特段、変わりはありません
隣接している北朝鮮とやるより、楽だと本気で思う。
今なら勝てる。やるなら今しかない
http://ameblo.jp/koreanavy/entry-11931362125.html

---

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA