クエンティン・タランティーノ監督の西部劇映画『ジャンゴ 繋がれざる者』に出演(Coco役)した黒人女優ダニエル·ワッツが車の中で、白人のボーイフレンド、ブライアン·ルーカスとキスをしたところ、売春婦と間違えられ、ロサンゼルス市警察の2人の警官に問い詰められ、身分証を提示するよう求めらた。彼女が拒否したことから、手錠をかけられ拘束されたという。
https://www.facebook.com/wattsdaniele/posts/682727425137030 (2014/9/11)

---

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA